2017年08月11日

ドドン大統領、アメリカのNGO支援に警戒感

 ドドン・モルドヴァ大統領はfacebook上で、アメリカのNGO民主支援に警戒感を表明した。
 ドドン大統領は、全米民主主義基金(national endowment for democracy)の対モルドヴァ援助について、
「慎重に分析する必要がある。西側のたった一つの組織から、いくつかのNGO、メディアに莫大な資金が供給されている。プロパガンダとの戦いとか称している人もいる。もし、同様のことロシア連邦が行ったとしたら、『市民社会』や『独立メディア』はどのように反応するのだろうか?」と記した。
 モルドヴァでは議会多数派が、ロシア・プロパガンダに対する法律の採択を目指しており、ロシア・テレビ局の情報・情報分析番組の放送を禁止することを想定している。ドドン大統領は、法律を通さない意向を表明している。
-------
 このノリは、クレムリンですね。忖度か、直電か知りませんが。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 20:50| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ政府委員会、「2035年までのエネルギー戦略」を承認

 こちらによると、経済・財政・立法問題政府委員会は「2035年までのウクライナ・エネルギー戦略」を承認した。
 本戦略は、今後、内閣で審議される。ウクライナ・エネルギー石炭省は6月に「2035年までのウクライナ・エネルギー戦略計画『安全保障・効率・競争』」を承認していた。策定者によると、ウクライナは、ガスインフラをヨーロッパと統合し、中欧の供給安保システムに組み入れられる必要がある、としている。また、ウクライナは、ガス輸送の受け取り・受け渡しを西部国境から東部へ転換しなければならず、ウクライナ・EU・ロシアの三者協議によって達成される、2019年後にロシア・ガスの輸送地位を維持できるかは不明である、としている。
-------
全文はこちら(未読)
http://mpe.kmu.gov.ua/minugol/doccatalog/document?id=245213112
posted by 藤森信吉 at 19:29| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする