2017年07月15日

ロシア、人民共和国炭の輸入を公式に認める

 こちらによると、ロシアの通関統計に、人民共和国からの無煙炭輸入が記載された。
 ロシア連邦通関局南部通関のサイトには、特に2017年5月にロストフ州は、「ウクライナ」からの無煙炭5万8652トン(314万ドル)輸入が記録された。1-5月を通して23万6568トン、1304万ドルになる。
 5月時点で、ウクライナで無煙炭を産するのはドンバス占領地域のみであり、ウクライナ・エネルギー・石炭産業省によると本年度、無煙炭の輸出ライセンスを申請した木々用はない。
 他方で、南部通関の統計によると、2017年5月にロシアからウクライナに2万4408トン(214.6万ドル)の無煙炭が輸出された。1-5月では23万6296トン、1629万ドルになる。
------ 
 単価で計算すると、人民共和国の無煙炭は55ドル/トン、ロシアからの輸出は70ドル/トン。ロシアからウクライナへ輸出される無煙炭の相当分が、人民共和国産ではないかと見られているが、そうだとすると、かなり上乗せされてますな。

posted by 藤森信吉 at 12:51| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GDP成長率、減速

 ウクライナ国立銀行によると、ウクライナの第二四半期のGDP成長率は1.5%であった。
 国立銀行は「占領地域との通商の停止が全産業に影響を与えているが、他方で、企業の回復期待と住民の消費の回復、設備投資の加速しており、第二四半期の実質GDP成長率は1.5%となる」と分析している。
 国立銀行は、第一四半期の成長率を、占領地域との関係断絶を理由に3%から2.5%に下方修正したが、2017年度の成長率1.7%は維持している。また、2018年の成長率は3.2%、2019年の成長率は4.0%としている。
posted by 藤森信吉 at 11:07| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする