2017年07月14日

ノルド2の代替案をEUに提起

こちらによると、ウクライナはEUにノルドストリーム2の代替案を提示した。
 エリセーエフ・大統領府長官は テレビ局「5チャンネル」とのインタビューにおいて、「ノルドストリーム2は許容しがたいという立場を伝えてある。EU側は我々の事象を理解しており、協議を続けている。というのは
我々の同意なしにはこの計画は進まないからだ。ノルドストリームを批判し、ブロックするにとどまらず、我々は、ウクライナのガス輸送システムを基礎とした国際コンソーシアムを創設する案を提起している」と述べた。
 また、ヨーロッパ側は、「EUおよびウクライナの安全保障の向上のためのウクライナ・ガス輸送システムの展望」についての国際コンファレンスを2018年に開催する大統領案を支持しており、我々の提案に耳を傾けてくれるであろう、と述べた。
---------
 天然ガス輸送の国際コンソーシアムって15年前から言い続けてますな。2002年6月にプーチンとクチマとシュレイダーが調印。これが早期実現していれば、もう少しマシな世界になっていたような気がしてならない。
posted by 藤森信吉 at 13:20| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする