2017年07月12日

ビザなし渡航1か月

 こちらによると、6月11以降、9.5万人のウクライナ国籍人がビザなし渡航を利用した。
国境警備局議長によると、この期間、EUへ95461名のウクライナ国籍人がビザなし渡航を利用してEU諸国へ渡り、うち50名が入国を拒否された。そのほとんどは、訪問目的を明かさなかったためである。
 この期間、181万4千人のウクライナ国籍人がEU諸国を渡航したため、生態認証パスポートを利用した者の全国民に占める割合は5%ということになる。うち33%は空路、3-4%は鉄道、残りは道路である。5月や前年同期と比べ、渡航者数に大きな変化は見られない。


 
posted by 藤森信吉 at 14:14| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする