2017年07月11日

Ryanair、ウクライナから怒りの撤退

Ryanairは、ウクライナ航路計画を全て白紙に戻す、と発表した。
Ryanair社は、ウクライナ・インフラ省がキエフ空港関係者、現社長リアブキン氏との間で合意された公約を、キエフ空港が遵守しないことに鑑み、全てのウクライナ航路計画をキャンセルした。残念なことに、キエフ空港は、高運賃航空会社(ウクライナ国際航空含む)の利益を守ることを優先し、ウクライナの消費者・訪問者がヨーロッパ最廉価・最大ネットワークを誇る航空会社へアクセスする機会を奪った。
 オブライエン社長は、「ウクライナ経済を加速させうる50万人の利用客と400人の空港職の機会を喪失した、リヴィウ空港もキエフ空港の巻き添えを食ったことは残念である」と述べた。
--------
Ryanairと Ukraine International Airlines は機体カラーが似ているな。あとウクライナ・インフラ省が近日中に空港人事に介入するようです。


 
posted by 藤森信吉 at 20:27| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロシェンコ「サイバー攻撃はロシアによるもの」

 こちらによると、ポロシェンコ大統領は、NATO事務総長との記者会見において、6月27日に発生したサイバーアタックは「ロシアが組織したものである」と述べた。
 ストルテンベルクNATO事務総長との記者会見において、ポロシェンコ大統領はNATOやNATO加盟国とサイバー攻撃の分野で協働しており、技術供与やノウハウの交換も行っている。それだけでなく、外務省、その他省庁、安全保障局は、特別な設備を受領している、その結果、6月27日のサイバー攻撃を最小化することに成功した、と述べた。また、今日、サイバー攻撃はハイブリッド戦争の重要な要素であり、昨今のサイバー攻撃はロシア連邦が組織したものである、と言明した。
-------
防衛の話ばかりしているけど、当然、ウクライナ側からのサイバー攻撃もあります。
posted by 藤森信吉 at 11:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする