2017年06月13日

ナフトガス社、ガスパイプラインへの投資とりやめか

こちらによると、ナフトガス社は、ロシアガス輸送縮小のリスクから、ガスパイプラインへの投資計画を修正している。
 2017年度ウクルトランスガス社財務に関するナフトガス専務会議事録によると、ウクルトランスガス社は2019年以降のガス輸送の停止リスクを予想したシナリオに基き、投資計画の修正を要請されている。
 ナズドリン・ウクルトランスガス副社長は「ガス輸送システム稼働の信頼性を確保できない」と回答した。ナズドリン氏は3月20日に解任されている。「どのようなシナリオであったも、ガス輸送は行われ、ガスパイプラインは稼働し続け、ガス圧は維持される。いくつかの投資計画が実現しないからといって、望ましい技術的状態が保障されないといったことはない」と議事録は記している。議事録によると、2017年度のガス輸送システムへの最低投資額は、ナフトガス社の計画の倍にあたる118億フリブナである。
-------
 将来性が見込めない事業への追加投資をとりやめ、と。ウクライナを迂回するトルコ・ストリームとノルド・ストリーム2はともに実現する、と予測しているようです。
 ウクルトランスガス社は、ナフトガス社のガス輸送部門子会社。
posted by 藤森信吉 at 12:58| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする