2017年05月10日

ドドン「ロシア様のおかげで輸出好調です」

ドドン・モルドヴァ大統領はfacebook上において、対ロシア輸出額が急増していることを公表した。
 モルドヴァ統計局の数字によると、2017年第一四半期の対ロ輸出額は42%増で、2014-16年の縮小を大部分、埋め合わせた、とドドン氏は主張している。また、1-2月で対ロ・ワイン輸出は6倍になった。リンゴは8.3倍になり、2014年度の数字を超えた。これは、我々とロシア連邦との戦略的パートナー関係の復活によるものである、と結んでいる。
---------
 戦勝記念日にプーチンに招待され、馳せ参じるドドン。今年に入り早くも三度目のモスクワ訪問。



追記) 来賓がいないとカッコ悪いので、お飾りとしてプーチンに呼ばれた模様。
http://tass.ru/politika/4241991
タグ:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 15:52| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロシェンコ「モスクワが戦勝を独占することを許すな」

 こちらによると、ポロシェンコ大統領は、「ナチズムに対する勝利にウクライナ人は多大な貢献をした」と述べた。
 ポロシェンコ大統領は、第二次大戦におけるナチズムに勝利した日、第二次世界大戦歴史博物館前の広場において、ウクライナ領が戦場となり数百万の市民が諸国民とともに敵と戦い、ウクライナ人民は勝利に全面的に関与した、戦争は地球規模であり、旧ソ連の人民がともに戦ったが、特にウクライナの尺度からすると、我々が主である、と強調した。他方で、モスクワ流の解釈で記念日を祝うことはない、として、モスクワが、帝国的拡張主義的な要請で戦勝記念日を利用することに批判を加えた。
 また、大統領は、今日、故郷、家族、家を守る人々は、70年前に敵と戦った者たちの後裔である、と述べた。
-----------
昨年の演説と同じロジック「第二次大戦(対ナチ)=今の戦争(対ロシア)、皆さん、祖国と家族を守り、ヨーロッパになりましょう」。因みに、プーチンの戦勝記念日の演説を読むと、主語は「我々」で、ロシア人民とかロシア民族という言葉は避けているようだ。
posted by 藤森信吉 at 15:34| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする