2017年04月26日

トルクメニスタンからディーゼル燃料輸入

こちらによると、トルクメニスタン製ディーゼルの第一弾がミコラエフ港に入港した。
 原油製品オペレーター企業「オランジ・オイル」社は、トルクメニスタンで精油されたディーゼルの第一弾(2500t)をオチャキフ港(ミコラエフ州)にもたらした。ディーセルは、トルクメンバシ精油所からヴォルガ・ドン運河、アゾフ海を経由した。同社によると、年間輸入計画の一環であり、11月までの期間中、5千トンをヴォルガ・ドン運河を通じてオチキフ、イズマイル、ヘルソン、ミコラエフ、ドニプロ各港へ輸送する。本ディーゼル燃料はウクライナ南部の自動車需要を満たすことになる。 
-------
 カスピ海からヴォルガ・ドン運河経由でウクライナにタンカー輸送できたとは初耳。ロシアも特に妨害はしないようだ。
posted by 藤森信吉 at 14:33| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする