2017年04月14日

モルドヴァ首相「NATO加盟はない」

 こちらにフィリップ・モルドヴァ首相のインタビュー記事が掲載されているので興味深い点のみ紹介。
Q モルドヴァのEUへの道で障害は?
A ドドン大統領の野党だ。ドドン大統領自身、ヨーロッパへの道を捨てて、ユーラシア同盟とのパートナーシップといったような妄想的な提案をしている。また、ロシアと西側間の緊張が高まり、経済制裁等でモルドヴァに影響がある。モルドヴァ経済全般の状況も関係しており、貧困から抜け出せないとして市民の間に失望感が出ている。しかし、モルドヴァの国益はヨーロッパ化の継続にあり、その恩恵は明らかで、障害を恐れる必要はない。反ヨーロッパ勢力が政権に就くことが最大のリスクであり、議会の親欧連合にとって2018年選挙が重要となる。

Q NATO関係については
A モルドヴァは現在も将来も中立であるが、NATOの隣接国であり、互いに情報を交換するのは自然である。また軍の近代化の観点からも協力は自然だ。中立国であろうとも20世紀の軍隊で21世紀を過ごす訳にはいかない。在モルドヴァのNATO事務所についても中立に何ら反さない。
-------
ドドン大統領との意見の相違を隠すつもりは毛頭ないようです。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 14:49| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ科学アカデミー、財政難

 こちらによると、ウクライナ科学アカデミーは財政難により6つの研究所を閉鎖した。
 パトン科学アカデミー総裁はアカデミー総会の会計報告において「アカデミーへの配分予算の不足が慢性化しており、10以上の研究所の解体もしくは改組を宣言し、既に6つが閉鎖された」と述べた。昨年のみで、アカデミー従業員数は5千人減(−15%)となっている。
 「国家はウクライナ科学アカデミー予算を31%増やしたが、全ての研究所の雇用を守ることはできなかった。アカデミーの債務は6億2700万フリブナ(2300万ドル)であり、唯一のアカデミー予算の収入源は、研究所そのものの収入である」とした。パトン総裁によると、過去三年間で国家の若手研究者数は激減し、そのため大学院生の受け入れが実施できていない。「2016年の科学アカデミーへの若手の就職数は2015年比で半分になっている」と総裁は述べた。
---------
酷いことに・・・・ソ連崩壊後、ウクライナの研究者にとって良い時期は一瞬たりともなかったのではないか。
posted by 藤森信吉 at 13:02| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする