2017年04月07日

ウクライナ、アメリカのシリア空爆を支持

 ウクライナ外務省は、シリア情勢に関する声明を発表した。
----
Any use of chemical weapons as one of the types of weapons of mass destruction is a flagrant violation of international law and a war crime.
The perpetrators must be unconditionally brought to justice.
Impunity of a violator of international law that uses chemical weapons leads to new crimes on its part.
Russia’s consistent blocking of the UN Security Council’s work is an inappropriate practice that requires proper assessment.
The sponsors and advocates of the criminal Syrian regime also bear responsibility for the use of the weapons of mass destruction and for the casualties among civilian population in Syria.

The US actions should be supported to prevent new war crimes of the regime, in particular those against the civilian population.
----------
英文をコピペ。あらゆる機会を捉えてロシア批判を怠らないウクライナ外務省。
posted by 藤森信吉 at 21:42| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017Q1石炭輸入統計

 こちらにウクライナの1-3月期石炭輸入統計が掲載されているので簡単に紹介。
・ウクライナは2017年1-3月に歴青炭および無煙炭64万6205トン(5億6963万ドル、前年同期比61.1%増)を輸入した。
内、金額ベースでロシアのシェアは61.59%、アメリカ17.94%、カナダ7.67%、その他となっている。
・他方、ウクライナは1-3月期に13万2130万トン(2134万ドル)を輸出した。輸出先は、ロシア、スロヴァキア、トルコ、その他である。
・ウクライナは、2011年に、石炭を27.6億ドル輸入し、7.75億ドル輸出、2012年は26.37億ドル輸入・6.1億ドル輸出、2013年は19.74億ドル輸入・7.37億ドル輸出、2014年は17.73億ドル輸出・5.21億ドル輸入、2015年は16.323億ドル輸出・0.54億ドル輸出、2016年は14.68億ドル輸入・0.45億ドル輸入、となっている。
posted by 藤森信吉 at 21:29| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする