2017年03月31日

EBRD「ウクライナの不良債権比率は30%」

 こちらによると、EBRDは、ウクライナ銀行システムにおける不良債権比率を30%と試算した。 フランシス・マリージ(Francis Malige)EBRD東欧・コーカサス諸国担当局長は「ウクライナにおける懸念債権率は約30%であり、非常に高い比率だ」と述べた。マリージ氏は、ウクライナ財務省、ウクライナ国立銀行、ウクライナ銀行連盟、EBRD、世銀が作成に加わった金融再建法(2016年6月採択)に言及し、公定歩合が高いウクライナにおいて、債権者と債務者に自主的な解決手順の助けとなるものである、と評価した。
posted by 藤森信吉 at 13:19| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カシキフ、パナマから送還近し

 こちらによると、カシキフ氏の身柄引き渡しの可能性が高まっている。
 エニン・副検事総長はfacebookに「パナマ当局は、カシキフの亡命申請を却下した。これはフィナーレではないが、大いなる前進だ」と記した。
 パナマの裁判所は、60万ドルの保釈金でカシキフを釈放している。
元国家投資庁長官のカシキフは2016年8月にウクライナ司法の要請でパナマで逮捕されていた。カシキフ自身は、逮捕自体を否定していた。
-------
カシキフはオレンジ革命時の英雄の一人なんだが、その後、議員になったり、落選したり、ヤヌコヴィッチ政権に転がり込んだり、フィルターシの手下になったりして、今はこの有様。民主化NGOを主宰している時代から、外国からの援助金ゴロだった。イギリスに留学させていた息子は今、どこにいるのだろうか。

 
posted by 藤森信吉 at 12:29| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする