2017年03月14日

活動家、今度はスベルバンクのキエフ支店を封鎖

 こちらによると、ウクライナのロシア系銀行が、活動家による封鎖を受けている。
 13日に、志願兵部隊「アゾフ」がスベルバンクのキエフ本店の封鎖を開始し、反ロシア・スローガンを建物に貼りつけた。アバコフ内相は、ズベルバンクに対する制裁を国立銀行に要求、15日に国家安全保障会議で本問題が審議されることになる。
 ズベルバンク・ウクライナ銀行は、同行はウクライナ法に則ったウクライナの商業銀行であり、人民共和国政府発行の書類を認める用意はない、との声明を出している。
 ロシア外務省は、「相変わらずの情報で驚きに値しない。ウクライナ経済に貢献しているロシア資本銀行を封鎖しており、ウクライナ閣僚の指示も受けている、自らのクビを絞めており、全く法的根拠がない」と批判している。

----------
ロシア・スベルバンクが人民共和国発行のパスポートをID証明書として認めることに端を発した騒動。
ジグリをハンマーで叩いて壊すとか、良く分からない像をロシア大使館前に設置するとか、もうとことんやってください。っていうか、ズベルバンク・ウクライナのドル交換レートは悪いから、日本人はあまり利用しないよね。
 
posted by 藤森信吉 at 19:37| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする