2017年03月09日

ベラルーシの物価は高い

 こちらに、生活コスト安国ランキング(Cheapest Countries to Live)が掲載されているので簡単に紹介。
 ニューヨークを基準に
地方購買力指数、賃貸指数、食料雑貨指数、消費者物価指数から評価される。
安い順に
5位 カザフスタン
15位 モルドヴァ
23位 アゼルバイジャン
24位 ウクライナ
29位 ジョージア
32位 エストニア
39位 ロシア
42位 アルメニア
45位 ラトヴィア
48位 リトアニア
50位 ベラルーシ
69位 ウズベキスタン
 となっている。
ウクライナについては、購買力はニューヨークに比べ71.9%低く、賃貸は91.1%安く、食品雑貨は77.3%安く、地域商品・サービスは71.2%安い、とされている。ウクライナは賃金が低く、キエフでは、住居費を除くと月325ドル/人 が必要とされる。因みに日本は102位。
-------
 「ベラルーシは賃金も低いがそれ以上に生活コストが安いから住みやすい」というのは統計的には証明されないようです。乏しい滞在経験からいうと、モルドヴァはとにかく地産の食材が安くてうまい、ウクライナは単なる通貨安。
posted by 藤森信吉 at 21:24| Comment(4) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリミア政府、アフメトフ資産を強制買収

 こちらによると、クリミア政府は、 ケルチ転轍機工場と、ケルチ冶金コンビナートの強制買収を決定した。
 両企業は、新設のケルチ冶金工場の傘下に入ることになる。クリミア政府は一時的に資産を管理するだけで、同企業は財産目録を作成し、買い手のための資産価値を算定する。
両企業は19世紀末、カムィシ・ブルンスキー鉄鉱山産の鉄鉱石を精錬するために建設され、ウクライナ時代には、以前の体裁を失っていた。
 買収される企業は、アフメトフ系の企業であり、以前にもクリミアにおけるアフメトフ企業-ウクルトレコムとDTEKクリムエネルゴの国有化が議会によって宣言されている。買収額については、明らかにされていない。
-------
価値なさそうな屑工場を買収して転売益を得ようという魂胆か? 
 
 
posted by 藤森信吉 at 20:53| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする