2017年03月08日

クリムキン、米上院公聴会で証言

 こちらによると、クリムキン外相は、アメリカ上院の国務・外交関連計画歳出小委員会の公聴会に出席した。
 クリムキン外相は、Russian Policies & Intentions towards specific European countries: Ukraine と題する証言を行い、ウクライナに対する援助の強化、クリミア、ドンバス問題に関する関係強化、対ロ制裁の強化を訴えた。
 また、ウクライナ領におけるロシア軍の数字を公表した。それによると
ドンバスには、
・4200人の常備軍兵士および4万人の兵士
・戦車400両以上
・730の火砲システム、200の多弾ロケットランチャー、413の対空ユニット
クリミアには
・2.3万人の兵力
 が展開している。


posted by 藤森信吉 at 15:40| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする