2016年07月31日

ザハルチェンコ、ウクライナとの和平条件を勝手に設定

 こちらによると、ザハルチェンコDNR元首は、ウクライナとの和平条件として、ウクライナ軍の徹底と捕虜解放を挙げた。
 ザハルチェンコ氏は記者会見において「ウクライナとの和平締結は、ウクライナが2条件を履行したときのみだ。第一がウクライナ軍のドンバス領からの完全撤退、そして政治犯を含む全捕虜の解放だ」と述べた。
-------
ミンスク合意とは別に和平協定を勝手に設定しているようだ。誰に対するアピールか不明。
 ちょっとややこしいが、人民共和国の認識では、ドネツク州・ルガンスク州全域が人民共和国領なので、ウクライナ側コントロール領域は「占領地帯」となる。そこから「ウクライナ軍は完全撤退」しろ、と。
posted by 藤森信吉 at 13:22| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリミア、ウクライナ観光客が戻る

 こちらによると、クリミア観光客の15%はウクライナからである。
 アクショーノフ・クリミア元首は「7月22日現在、クリミアには250万人(前年比26%増)の観光客が訪れており、うち15%はウクライナからであり、大歓迎である。ウクライナ国民にとってクリミアは安全で伝統的な保養地である。今年度の観光客は600万人以上を予想している」と述べた。観光客増は2年間にわたるクリミア当局の努力の成果である。
--------
ウクライナからの観光客はどうやってクリミア半島入りするか。 ヘルソン・クリミア半島間は簡単に通過できるのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 11:51| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

Googleマップ、改称を撤回

こちらによると、Googleマップは、ロシアが占領しているクリミアの地名表示を元に戻した。
 ウクライナ議会の決定により、Яны Капу と表示されねばならないところが、Красноперекопск と以前の表示に戻されている。
-------
一昨日、googleマップが改称に着手、とご紹介したが、速攻で元に戻した模様。私の願いが聞き入れられたのか(笑) 
Яны Капу で地図検索すると、
Googleマップ Красноперекопск に自動で飛ばされる
Bing   ヒットなし
yandex  キーロフ州Яны村がヒット
posted by 藤森信吉 at 10:41| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

信じよされば救われん

こちらによると、キエフ・ルーシ-ウクライナ(原文のまま)のキリスト教受容記念日において、宗教団体の軍に対する支援に感謝の意を表した。
 大統領は「ウクライナ東部で起きていることは、軍事紛争ではなく、外国の侵略である」と明言し、教会や諸宗教団体が、ウクライナ防衛者に対して行ってきた神の言葉、祈り、人道援助、一般人被害者に対する苦痛の軽減に感謝の意を表した。また、大統領は、国際的な支援もさることながら、勝利のための主要な精神的武器は連帯である、と述べた。
-------
マイダン時に態度をはっきりしなかったり、人民共和国政府を地元の教会が支持していたり、とあれこれ叩かれているウクライナ正教・モスクワ主教座だがこの式典には参加した模様。あと、「キエフ・ルーシ-ウクライナ」って何だ? 「ウクライナ」が中世からあったとでも。
 
posted by 藤森信吉 at 12:24| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロシェンコ、コンスタンチノープル総司教にウクライナ正教会統一を求める

こちらによると、ポロシェンコ大統領は、正教分裂を克服するためコンスタンチノープル総司教に助力を求めた。
 大統領は、ルーシ-ウクライナ(原文のまま)のキリスト教受容の記念日に演説を行い、「ウクライナ正教徒は今日、分裂で苦難を味わっており、教会の母たるコンスタンチノーポリ教会に助けを求めたい」と述べた。
 大統領は、ウクライナは外国が宗教問題に介入することを望んでおらず、それゆえにウクライナ議会が全地総主教ヴァルソロメオス1世に対しウクライナ正教会に自治主教座を与えるよう親書を送った、とした。
--------
 筆者の知識では、はっきりとは読み取れないが、ロシア正教会の管轄下から、ウクライナ正教(モスクワ/キエフ主教派、独立教会派を含めて丸ごと)を独立させてほしい、ということだろうか。あと「ルーシ-ウクライナ」って何だ? 
posted by 藤森信吉 at 12:00| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

Googleマップ、クリミア地名の改称に着手

 こちらによると、googleマップは、占領下にあるクリミアの地名の改称に着手した。
 ウクライナ最高会議の非共産主義化プログラムに沿う形で、クラスノペレコプスク、クラスノグバルジェイスコエ、キロボスコエ、ソビエツキーの名称表示が変更された。
--------
クリミア併合を支持する訳ではないが、googleマップを使ってクリミア各地を回る人にとって不便この上ない変更。ただでさえ、googleマップ上のウクライナ語表記と現地のロシア語表示が乖離していて分かりにくかったのに。現地にいっても、改称後の地名はどこにも出ていないし、住民ももちろん知らない。その点、Yandexマップは、これまでの表記を堅持していて安心だ(笑) しかし微妙に使いにくい。
posted by 藤森信吉 at 12:28| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キエフ大学、大人気(歓)

 こちらによると、ウクライナの受験生の間で最も人気がある高等教育機関はキエフ・シェフチェンコ名称国立大だった。
 ウクライナ教育・科学省第一次官によると、今日、43.6万人の受験生から1350万の申請書が届いており、最大の人気はキエフ・シェフチェンコ大学(4万4539人)、リヴィヴ大学(4万1369人)、リヴィヴ理工技大(3万9726人)となっている。ウクライナでは7月11日から申請受付が開始され7月20日に締め切られる。
-------
 キエフ大学は英語化に猛烈に力を入れている模様で、地獄のフレマン・イングリッシュが待ち構えているとか。ドネツク国立大(人民共和国)とは雲泥の差。人民共和国に入国した際、タクシーの同乗者のお嬢さんがキエフ大に通っているとかで、キエフから戻るところだと誇らしげに語ってくれた。ドネツク大よりキエフ大の方が明るい未来があることは確実だろう。
ドネツク人民共和国側の受験生は3万500人とあるので、ウクライナ側とDNR者を単純比較すると、人口比は15:1。となると、DNRの総人口は250-300万人と推計される(笑。
posted by 藤森信吉 at 11:56| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

米大使「クレムリンはガス外交できない」

 こちらによると、在ウクライナ米国大使は、テレビ番組に出演し、「クレムリンはガスを通じたウクライナ操作をできなくなった」と述べた。
 パイヤット米大使は、「ウクライナ政権は、この数年で、モスクワのエネルギー武器を無力化した。クレムリンが、ウクライナに必要な政策をとらせるため、エネルギー資源を、武器やウクライナ政治家を操作する道具として用いていた時代にウクライナはいない」と強調した。
------------
ヨーロッパの顧客に対するのと同じように、お得意の値下げ攻勢すれば、ウクライナはすぐにたなびくはず。
posted by 藤森信吉 at 15:10| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

Orest Subtelny逝去

 24日、ウクライナ歴史家であるOrest Subtelny氏が逝去した。28日、トロントに埋葬される予定である。
Subtelny氏の著作Ukraine: A History は1988年に出版され、ウクライナ語訳が91年に出た。Subtelny氏は1941年、ナチスドイツ占領下のクラコフで生まれ、ハーバード大学で博士号を取得し、トロントのヨーク大学の教授を勤めていた。



--------
 Ukraine A Historyは名著。数多のナショナル・ヒストリーとは一線を画してマルチ・エスニック性を強調しているのだが、一般的には、ウクライナvsロシアが強調されたり(ユダヤ、ポーランド、オスマン、ギリシャ等も重要)、ユダヤ人問題(ウクライナ史の暗部)が紹介されなかったり、とこの本の成果が正しく還元されていない感がある。因みに私が読んだのは第二版。最新の第四版は未読。
posted by 藤森信吉 at 18:35| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【確定】ドネツク人民共和国、地方選挙を11月6日に設定

 こちらによると、地方元首選挙を11月6日に延期するDNR元首令が出された。
--------- 
 以前の記事の確定版。11月7日はロシア革命記念日、そして11月6日は「キエフがドイツ・ファシズムから解放された記念日」。
posted by 藤森信吉 at 08:21| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

ウクライナ、ルーマニアとガス輸送パイプライン接続で合意

 こちらによると、ウクライナ・ルーマニア両国のガス・パイプライン企業は、国境のイサクチャで接続する合意書に調印した。
 本契約は、ルーマニア領を経由するウクライナからブルガリアへのガス輸送の道を開くものである。歴史的にはこのルートは、ガスプロムがブルガリア向けガス輸送のために使用していたが、契約満了後に、ウクライナとルーマニアがEU規制に沿う形で本契約を調印した。
posted by 藤森信吉 at 11:30| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

ドネツク国立大学、受験生に人気(泣)

 こちらによると、ドネツク人民共和国子内で受験生の人気が最も高いのはドネツク国立大学だった。
 志願書が4000通来ており、特に、ロシア語・文学、ジャーナリズム、心理学に人気が集まっている。教育省によると、ドネツク国立大学に続いて、ドネツク国立理工大学(3000通)、ドネツク国立経済商学大学(1500通)に志願書が集中している。入学志願受付期間中、DNR高等教育機関には3万500通の申し込みが来ている。7月16日が受付締め切り日である。
-----------
同情を禁じ得ない。DNR内の大学教育の水準はFラン並みに低下しているし、そもそも卒業しても、どの国からも認定されないから域外での就職には使えない。そして域内には就職口がない。
posted by 藤森信吉 at 11:50| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

ポーランド下院、OUN-UPA虐殺日を決議

 こちらによると、ポーランド下院は「7月11日をOUN-UPAによる虐殺の記憶日」とする決議を採択した。
 Michał Dworczyk議員は「決議はウクライナ人民を非難するものではない、ポーランドは連帯責任を追及していない。決議の力点は殺人者たちと彼らのイデオロギーにある。しかしながら、1万人以上の個人がこの犯罪に手を染めた」と述べた。またWładysław Kosiniak-Kamysz議員は「これは政治キャンペーンではなく、歴史的記憶である」と述べた。
 この決議に対し、ポロシェンコ大統領はfacebook上で遺憾の意を表明した。大統領は「ポーランド下院の決議は遺憾だ。多くの者が政治的スペキュレーションに使いたい気持ちは分かる。しかし、我々はヨハネ・パウロ二世の言葉-許しを与え、許しを請う に立ち返る必要がある。共同歩調のみがキリスト教の和解と団結につながる」と記した。
------------
 ポロシェンコはカトリック教徒じゃないだろうに。
posted by 藤森信吉 at 12:24| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

ドネツク人民共和国で国際監視団への妨害訓練

 こちらによると、DNR市民は外国の軍事ミッションに対する抵抗運動の訓練を行った。
 20日、シャフチョールスク市中心広場において2000人が参加し、国土と住民の安全の脅威となる外国の軍事ミッションに対する非武装抵抗訓練が行われた。女性、老人、身障者および自警団も訓練に加わった。
 訓練の目的は、平和的な住民が、国際的な軍事ミッションに対し、非武装の抵抗を効率的に準備することにある。訓練では、交通のブロック、非武装市民の軍事ミッションへの対峙、証拠となる写真・ビデオ撮影の指導が行われた。
 ドンバスに国外の軍事ミッションを派遣するというキエフ政権の執拗な試みが、訓練実施の大きな動機である。ポロシェンコ大統領は、ドンバスに重武装のミッションを派遣する必要性を述べており、DNR、LNRは反対の意を表明している。



--------
 平日の昼間にド田舎で二千人も集まるとは、「誰も働いてません」と宣言しているようなもの。市の経済活動はそもそも機能していないのだろう。
posted by 藤森信吉 at 12:12| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

ドネツク人民共和国、地方選挙を延期

 こちらによると、DNRは、地方選挙の実施日を7月24日から10月30日に延期した。
 延期はキエフ政権のミンスク合意不履行によるものであり、これに関連する大統領令が近日中にサインされる。西側パートナー国がキエフをして我々の合意を得た選挙法案を採択せしめることを望む、と、消息筋は述べている。
------
 何度目の延期か忘れてしまいました。
posted by 藤森信吉 at 11:40| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

クリミア観光客、出足好調

 こちらによると、すでに今年初めから220万人の観光客がクリミアに訪れており、昨年比27%増である。
 クリミア観光旅行省によると、クリミア共和国では今年度はじめから220万人の旅行者が休暇しており、前年比27%増である。うち42%は南岸、西岸は37%、東岸は17.5%、その他地域3.5%となっている。
 平均満室率は65%であり、バリシャーヤ・アルーシタ、フォオドシア地域、サキおよびバフチサライ地域は、平均を上回る稼働率となっている。
--------
どういう層がクリミア観光にでかけるのだろうか。トルコやエジプトの観光を取りやめた連中がクリミア観光に満足するとは到底思えないのだが。
posted by 藤森信吉 at 17:19| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

マルチュク「ロシアはドンバスから撤収しない」

 こちらによると、マルチュク・ミンスク・コンタクトグループ・ウクライナ側代表は、ロシアはドンバスから撤収するつもりはないだろう、と述べた。
 マルチュクによると、砲撃は活発化しているが、軍備の集積が、ロシアが撤退しない証拠となっている、とテレビ・インタビューにおいて述べた。
 「我々には、段階的に軍事力が増強されていることを示す正確なデータがある。軍事的な観点でいえば、ロシアはこの地域に戦線と軍集団を設置している。またロシアはウクライナを無線電子戦といった実験地としてこの地域を利用している。現在、ドンバス占領地域には陸軍の2軍団が編成さており、32000-36000人の教練が行き届いたロシアの戦闘員がおり、軍団の司令・副指令はロシアの参謀本部が代表している。また3000-6000人のロシア正規軍人はロシア連邦国防軍の袖章を外している。我々は2年前から交渉の場において、ロシア側に彼らの写真・経歴資料を提示しているが、ロシア側は『ネット情報に過ぎず現実に即していない』と回答している」とマルチュク氏は述べた。
---------
 マルチュク氏は元首相でその前はウクライナKGB長官。このクラスの人材は交渉時に相手を雰囲気で圧倒できるので役に立つ、とはキエフの記者さんのお言葉。
posted by 藤森信吉 at 14:31| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

S-400、クリミアに配備

 こちらによると、S-400地対空ミサイルシステムが8月にクリミアに派遣される予定である。
 S-400「トリウームフ」は検査ののち、8月にクリミアに送られるとロシア軍参謀本部は発表した。S-400はフェオドシア市に常設されることになる。
バリベック・クリミア副首相は、黒海におけるNATOのの航空勢力が攻撃を行うことを躊躇させるとの確信を表明した。
posted by 藤森信吉 at 15:20| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

ドンマック、ついに開店

 こちらによると、ドンマックが16日、開店した。
 16日11時、ファーストフード「ドンマック」前で開店セレモニーがおこなれた。ドンマックのマネージャーによると、全ての材料はDNR産である。

---------
 メニューを見ると、ハンバーガー55ルーブリ、コーヒー(アメリカーノ)60ルーブリ(人民共和国の通貨単位はロシア・ルーブリ)とあり、本家より高い。いいのか、人民共和国政府?!
 露和辞書を引くと、mak=ケシ、(詩の表現で)静寂の象徴、とあり、何がDonMakなのか不明。такの筆記体か? 
posted by 藤森信吉 at 09:50| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルドヴァ、ウクライナ・アメリカの共同軍事演習に参加

 こちらによると、モルドヴァ自動車化歩兵部隊40名が、軍事演習 Sea Breeze 2016 に参加する。
 ウクライナのミコラエフ州で行われる Sea Breeze 2016演習に参加するモルドヴァ部隊は、キシナウから兵器とともに陸路で演習地に到着する。
 ウクライナ・アメリカ共同軍事演習Sea Breeze 2016は、両国の他に、ブルガリア、ジョージア、イギリス、ルーマニア、スウェーデン、トルコから千人余りが参加して行われる。





posted by 藤森信吉 at 08:34| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする