2019年01月20日

沿ドニエストル、2018年の貿易輸出入額は26%増

 こちらによると、2018年の沿ドニエストルの貿易は輸入額が前年比24%増、輸出額が同30%増だった。
 国家通関委員会の統計によると、輸入額は12億1600万ドル(+24%)、輸出額は6億9700万ドル(+30%)で、輸入品の構成は,燃料・エネルギー商品37%、鉄鋼関連品19%、食料品11%、機械生産11%、輸出品の構成は鉄鋼43%、エネルギー17%、食料品17%他。輸入相手の構成はユーラシア経済共同体46.24%(ロシア40.16%)、欧州連合15.04%、輸出相手の構成は欧州連合35.84%、ユーラシア経済共同体10.77%(ロシア10.32%)だった。
----------
鉄鋼輸出 が大回復。

 
posted by 藤森信吉 at 13:06| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

ウクライナ産ガスの原価は250ドル

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社長は、ウクライナ産天然ガスの原価が250ドル/1000m3である、と明かした。
 コボレフ社長は、ウクライナで産出する天然ガスの原価は、ナフトガス社の子会社であるウクルハスヴィドブヴァンニヤ社においては、資本投資のためのクレジット、輸送費、税を除くと、設備投資、開発資金、採掘費、土地取得額生産開発の関連費用全て含めて250ドル/1000m3である、とテレビ局の番組内で明かした。またコボレフ氏によると、民間ガス採掘企業の生産原価はさらに高い、と指摘した。
-----------
 野党が「住民向けガス代を値下げしろ、ナフトガスはぼったくり」と選挙戦で政権批判しているので、数字を提示。おそらくティモシェンは「フェイク」と一蹴するでしょう。まあ政権交代すればナフトガスのトップは入れ替えられますが。


posted by 藤森信吉 at 18:52| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

プーチン、ウクライナ領経由のガス輸送維持に意欲

 こちらによると、プーチン大統領は、ウクライナ領経由のガス輸送について協議予定であることを明かした。
 セルビア大統領との会談後、共同記者会見において、トルコ・ストリーム経由でセルビアにガスを供給する問題について質問されたプーチン大統領は「トルコ・ストリームでヨーロッパ消費者にガスを供給する用意があり、またサウス・ストリーム計画の再開も計画している。この計画はノルド・ストリーム2を損なうことはない、ガスプロム社指導部は、次週、ブリュッセルにおいて、ヨーロッパへのロシア・ガス供給量増加を考慮してウクライナ領経由の輸送を含む問題について協議予定であり、昨年度、記録的な2000億m3を供給し、今後も増え続ける」と答えた。
--------
一行でまとめると「全部やる」。
ウクライナ領経由の輸送については、ウクライナ側が輸送料引き下げに同意したのでしょうか。
posted by 藤森信吉 at 15:13| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンフェローポリ空港の利用者は500万人超

 こちらによると、シンフェローポリ空港の2018年度の旅客数は514万6095人で前年比17357人増だった。
 降客数は257万1329人、出発客数は257万4766人、滑走路の利用数は3万7282回だった。旅客数の取り扱いは、アエロフート、ロシア航空、ウラル航空が多かった。昨年4月半ばにシンフェローポリ空港で新ターミナルが開通し、最大650万人/年の取り扱い能力がある。2016年の520万人が過去最大の旅客数であった。

posted by 藤森信吉 at 14:43| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

トモス、ポロシェンコの支持率に影響せず

 こちらによると、トモスを経てもポロシェンコの支持率は低迷したままである。
・社会経済研究・コミュニケーション戦略エージェントによる調査、2019年1月5-12日、2011名を対象。
・大統領選挙での投票先
ティモシェンコ 15.5%
ゼレンシキー11.9%
ボイコ9.5%
フリツェンコ8.8%
ポロシェンコ8.2%
リヤシコ7.1%
サドヴィイ4.2%
(略)
ペトロ・シモネンコ0.4%
回答困難16.2%
------------
 他の世論調査機関の結果が気になるが、レーダー照射ケルチ海峡、トモスと札を切ってもポロシェンコの支持率が伸びないようではもうダメかと。
posted by 藤森信吉 at 21:47| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

ウクライナは第四位

 こちらによると、WHO欧州地域で食生活由来の心疾患死亡率が高い国はウズベキスタンだった。
1990-2016にわたる世界の疾病負担研究の分析によると、食生活由来の死亡は全体の死亡の22.4%、心疾患死亡の49.2%と関連付けられており、全粒摂取の低さ、フルーツ摂取の低さ、ナトリウム摂取過多、ω-3脂肪酸摂取の低さが寄与している。
 2016年度における年齢調整済の食生活由来心疾患死亡率で見ると、ウズベキスタンが394人/10万人でもっともたかく、ついでトルクメニスタン376、クルグス350、ウクライナ349、モルドヴァ328、アゼルバイジャン319、ベラルーシ313、タジキスタン310、カザフスタン306と続く。ロシアは291人/10万人だった。
 
posted by 藤森信吉 at 14:53| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ウクライナ西/人民共和国統合100周年コイン 発給

 ウクライナ国立銀行は17日から、統合100周年コインを発給する。
 これは、1919年1月22日にウクライナ人民共和国と西ウクライナ人民共和国統合令(Акт Злуки)が調印されたことに因むもので、額面は5フリブナ、洋白製で40万枚発給される。裏面には統合令のテキストの一部が刻印されている。






posted by 藤森信吉 at 21:08| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

沿ドニエストル、モスクワに代表部を開設

 沿ドニエストル外務省によると、今月中に、モスクワに沿ドニエストル共和国の代表部が開設される。
 外相によると、開設により、ロシアとの戦略的パートナーシップを活発化させることになる。
「これは沿ドニエストルのロシアとの統合・相互作用の重要な一歩と見做せる。以前にロシアに代表部が活動していたが、様々な理由から長きに亘って機能していなかった」と外相は述べた。
 代表部はノーヴイ・アルバート通りの有名なドーム・クニーギに開設される。目下、最後の準備中である。沿ドニエストル国民のコンサル料は無料となる予定である。

----------
 ドーム・クニーギ!! あの建物にオフィス物件なんてあったっけ。




posted by 藤森信吉 at 15:58| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

最高裁、ロシア領内の投票所廃止決定を支持

 ウクライナ最高裁判所は、ロシア領内にある5投票所の廃止を認める決定を下した。
 それによると、ロシア領内5か所の在外投票所の廃止および在外投票所の権限を在ジョージア、カザフスタン、フィンランド投票所へ移譲することに関する中央選管の決定は、ウクライナ市民の安全を保証することにおいてウクライナ市民の権利を遵守している。
 ロシア領内5か所の投票所は廃止され、ジョージア、カザフスタン、フィンランドの 在外投票所がその権限を受け継ぐため、投票権の侵害には当たらない、と判断された。



----------------------
廃止された投票所は、モスクワ、ロストフ・ナドヌ、サンクト、エカテリンブルク×2 の5か所のようです。
モスクワとサンクトはフィンランドへ、ロストフはジョージア、エカテリンブルクはカザフへ投票に行け、と。


posted by 藤森信吉 at 16:48| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

ビッグマック指数2019

 エコノミスト誌によると、ウクライナにおけるビッグマックは54フリブナで、アメリカにおける5.58ドルを考慮すると、フリブナの暗示為替レートは9.68フリブナ/ドルで現行の27.80フリブナ/ドルから見て、マイナス65.2%の過小評価ということになる。
 因みに最下位はロシアで、ビッグマックは110.17ルーブリであり、暗示為替レートは19.74ルーブリ/ドルとなり、マイナス70.4%の過小評価ということになる。日本円は 69.89円/ドルが暗示為替レートでマイナス35.5%の過小評価、最も過大評価されている通貨はスイスで18%。
------------
 フリブナは2015年にマイナス75%を記録して以来、底で安定中。ここ数年はルーブリとフリブナが熱い最下位争いを続けていたが、トルコ・リラが猛追。
 1人あたりのGDPで補正したウクライナのデータは何故か見当たらず。
posted by 藤森信吉 at 21:48| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

2019年の国家債務返済額は142億ドル

 こちらによると、2019年のウクライナ国家債務の返済額は142億ドル相当になる。
 ウクライナ財務省の算定によると、2019年の国家債務の支払いは4170億フリブナ(=142億ドル)で、内外貨払いは90億どるである。財務省の年度平均為替想定レート(ベース)は2019年28.2フリブナ/ドル、2020年29.7フリブナ、2021年は30.4フリブナである。
 ウクライナの国家債務(国家保証分)は2018年1-11月期中に2%減の747.6億ドル(フリブナベースでは0.9%減の2.122兆)で、ウクライナ政府は2018年8月に2020年末時点で国家債務がGDP比49%以下に抑える国家債務コントロール計画を採択している。
posted by 藤森信吉 at 12:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

外相、ロシア人選挙監視員の登録を拒否

 クリムキン外相によると、OSCE ODIHRに対してロシア国籍保有者およびロシアの支援者の選挙監視員登録を受け入れない旨、通告した。
クリムキン外相は、ウクライナ大統領選挙が2019年3月31日に行われることをOSCEに通告し、OSCE ODIHRの選挙監視要員を受け入れる用意があることを併せて表明した。また、ロシアを侵略国かつ占領者とみなしたウクライナ法の観点から、ロシア・パスポート保有者やロシアに支援された個人の監視員申請を受け付けない旨表明した。
-



 
posted by 藤森信吉 at 19:17| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

ウクライナは41位

 Henley & Partners社によると、2019年度パスポート指数でウクライナは41位だった。
 ウクライナは、前年44位であったが、ウクライナ国民がビザなし渡航できる国が14か国増えて128か国となった。1位の日本は190か国にビザなしで渡航可能である。
旧ソ連諸国ではラトヴィア、リトアニアがビザなし渡航先180か国で11位、エストニア 179か国で12位、モルドヴァ 122か国、ロシア119か国、ジョージア114か国、ベラルーシ77か国、カザフスタン76か国、アゼルバイジャン66か国、クルグス64か国、アルメニア61か国、タジキスタン、ウズベキスタン58か国、トルクメニスタン53か国となっている。
------------
 ロシアに勝った! 
posted by 藤森信吉 at 20:11| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

野党プラットフォーム-生活党、ロシア選挙区の廃止を批判

 こちらによると、野党プラットフォーム-生活党は、ロシア領における選挙区廃止の中央選管決定を批判した。
 声明は、戦時状態の導入を通じた選挙のキャンセルに失敗した政権は、在外ウクライナ国民の権利制限に乗り出している、ロシア領内の在外投票所の廃止は憲法上の権利の基本的原則を侵害するものである。ウクライナ外務省は、投票課程の安全を保障できないとしているが、これは政権側が望む選挙結果を得るためのプロパガンダに過ぎない、として、中央選管決定の撤回を求めた。
 また、同党のメドヴェドチューク氏によると、ロシア領内の投票所の廃止は、ロシアで留学・労働する数百万人のウクライナ人を憲法の権利から排除するだけでなく、不在の情報を使って不正投票が行われることになる、と批判した。
----------
ドンバス住民の多くがロシアに避難しているので、政権側としては、在外投票させたくないことになる。
野党プラットフォーム-生活党の声明文には、親米政権、ワシントンの操り人形、ウクライナの原料を狙うアメリカの金融産業グループ、ソロス等々、懐かしいフレーズ満載。
posted by 藤森信吉 at 13:36| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

ポロシェンコ、トモスに狂喜

 こちらによると、ヴァルソロメオス1世・コンスタンディヌーポリ全地総主教がウクライナ正教会の独立を認めるトモスに署名し、キエフ・全ウクライナ総主教に手交した。
 式典に列席したポロシェンコ大統領は、主はウクライナ人民の自立への闘いを見、我々信者の願いを聞き、コンスタンディヌーポリ全地総主教がウクライナ独立教会に「イエス」の言葉を与えた、と述べ、「トモスは、実際、ウクライナの独立宣言の意味もあり、宗教的自由、宗教間平和を強化し、人々の自由の権利を強化する、ウクライナ人にとって、独自の教会を持つことは、精神的自由を保障することになる、ウクライナ大統領として、ウクライナは国民の信教の自由を保障することを確約する、神を讃えよ、ウクライナに栄光あれ」と結んだ。
-----------------
 さすがに、「ロシアの侵略」には言及しませんでしたね。7日の式典でどこまで支持率を嵩上げできるか。
posted by 藤森信吉 at 21:04| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

2018年度、350万台がクリミア橋を利用

 こちらによると、2018年5月の開通後、クリミア橋を軽車輛およびトラック352万8000台が利用した。
 この数字は、ケルチ海峡フェリーの2016/17両年の合計317万台を上回っている。昨年度、最も交通量が多かった日は8月12日の33359台(双方向)で最小は12月1日の6184台であった。
posted by 藤森信吉 at 14:29| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

ゼレンシキー、ティモシェンコを猛追

 こちらによると、ティモシェンコとゼレンシキーの支持率の差が縮小している。

・2018年12月16-22日、「社会モニタリング」センターおよびウクライナ社会学研究所による調査、ウクライナ全土、2045名を対象。
・最大の問題は ウクライナ東部の軍事紛争58%、賃金・年金の低さ57%、公共料金の値上げ52%、生活必需品の値上げ、インフレ35.9%、失業25.2%、政府の汚職23.3%、医療サービス17%
・戦時状態の導入 不支持64.8%、賛成24.9%
・戦時状態導入は自らの大統領選挙への投票意欲に影響を及ぼさない 78.2%
・大統領選挙の投票に行く用意がある77.8%、投票に行かない17.8%、態度未定4.9%
・投票先(投票に行く層)、ティモシェンコ18.6%、ゼレンスキー15%、ボイコ11.8%、フリツェンコ8.1%、ポロシェンコ10.7%
・反支持率(絶対に投票しない) ポロシェンコ51.9%、ティモシェンコ28.9%、ボイコ24.8%、リヤシコ22.8%
---------
 ゼレンシキーのバックはコロモイシキーでしたっけ? ケルチ海峡危機、独立ウクライナ正教会、と手札を使っても支持率が伸びないポロシェンコはちょっと厳しいですね。
posted by 藤森信吉 at 11:34| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

ウクライナ、天然ガス輸入量減る

 こちらによると、2018年のウクライナ天然ガス輸入量は105億9020万m3で2017年比マイナス24.6%だった。
 内、スロヴァキアから64億5900万m3(マイナス34.8%)、ハンガリーから34億4110万m3(プラス21.4%)、ポーランドから6億9010万m3(マイナス47.1%)だった。ウクライナは2015年11月26日以降、ガスプロムから天然ガスを輸入しておらず、もっぱら西部国境から輸入している。
 一方で、国内生産量は208.9億m3で前年比0.3%増となった。
----------
ウクルトランスガス社のデータ。スロヴァキアから、はスロヴァキア・ウクライナ国境から入ってきたガス量を示す。貿易統計では、スイスとかフランスが輸入先として上がるはず。
posted by 藤森信吉 at 11:29| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

ゼレンシキー、大統領選に立候補表明

 こちらによると、ゼリンシキーが来たる大統領選挙に出馬することを明らかにした。
 自らの番組「Вечірній квартал」の新年挨拶において、ゼリンシキーは「選挙に出るのか出ないのか、以前から聞かれていた。私は他の政治家と異なり、徒に約束はしたくなかった。しかし親愛なるウクライナ人達に、大統領職に進むことを約束しよう。ともにがんばろうではないか。新年おめでとう」と述べた。
posted by 藤森信吉 at 12:44| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

スヴォーロフ像も撤去

 こちらによると、ウクライナ文化相は、スヴォーロフ像をイワン・ボフン名称ウクライナ軍事校から撤去する決定を下した。
 2017年にボフン名称ウクライナ軍事校がスヴォーロフ像を撤去する意向が示され、ボフンが描かれた幕でスヴォーロフ像が覆われた経緯がある。
スヴォーロフ像
--------------
 ソ連時代は「スヴォーロフ軍事校」、独立後、今の名称に。
posted by 藤森信吉 at 11:33| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする