2018年10月16日

キエフ市、15日から暖房シーズン入り

 こちらによると、15日からキエフ市は暖房シーズンに入る。
 キエフ市行政府は、天気予報および次週の気温低下を考慮して15日から暖房シーズン入りする決定を行った。集中暖房網は2900kmに及ぶため、数日前から準備をする必要がある。
 数か月にわたり不通だったお湯の供給も再開される。熱供給センター6号炉に天然ガスが供給された。キエフ副市長は「キエフ熱供給エネルゴ」は、ガス特別価格で天然ガスを受領する契約を結んだ。3、4日以内にお湯が再開される」と述べた。また、天然ガス供給に際しては、ナフトガス社は、債務のうち、24億フリブナに達する延滞・利息金を帳消しにする和解を結んだことも明らかにされた。
-----------
ガス特別価格は18日に引き上げられる可能性があり、そうなると、再び熱供給公社の債務が累積してガス止められそうなのですが。集中暖房型の地域熱供給システムは、「エネルギーは、各戸が個別に消費するより、地域全体でまとめて使ったほうがムダがありません」と謳われているが、配管の放熱とか考えると、本当はどうなのだろうか。
posted by 藤森信吉 at 15:10| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

愛国主義はなんとかの最後の砦である

 こちらによると、ポロシェンコ大統領は、民族・愛国主義教育の必要性を訴えた。
 キエフ州の公立ボーイスカウト組織プラストの研修センターにおいて、大統領は「ウクライナ史上初めて、民族・愛国主義教育が政策の最優先となった。ウクライナ政府は予算から1000万フリブナを民族・愛国教育活動に充てる」とスカウトのメンバーを前にして述べた。
 大統領は、政府、州政府の予算によって作られたボーイスカウト研修センターが全国各地に作られることに期待を表明した。また、「男子・女子は自らの国の建設・防衛に積極的に参加し、解放運動の参加者となる」と指摘し、過去に、スカウト出身者が、ウクライナの主権・領土保全・独立を守ってきた」と強調した。
-------
選挙が近付いてきて、大統領の愛国主義や民族主義の強調が加速してきましたね。
posted by 藤森信吉 at 14:46| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

ビットコイン・ビジネスに邁進する沿ドニエストル

こちらによると、沿ドニエストルでは独自のビットコインが計画されている。
 チアスポリで開かれた第四回国際投資経済フォーラムにおいて、チェルニケヴィッチ「テフノパルク」社長は、「目下、わが社はルィヴニッツァ、ベンデル、チアスポリにおいて7つのビットコイン・ファームを稼働させている。投資家は外国・および自由経済圏の7社と地元資本2社である。32の就職口がつくられた。3.7MW/時を消費している」と述べた。沿ドニエストルは、投資を呼び込むため、2017年半ばおよび2018年初めに「情報・ブロックチェーン技術促進法」が採択されていた。
 専門家は、ブロックチェーン技術部門における計画を実現するには、さらなる財政支援が必要である、としている。また、フォーラム参加者は、デジタル分野に関する沿ドニエストルの利点は、安い電力、各種税控除である、と指摘した。また、独自のビットコイン導入については、将来的だけでなくシステム上のリスクについても継続的に検討すべきだ、とした。
--------
 マイニングPCの消費電力を370Wとすると、1万台が稼働中か。因みに、安い電力は、ロシアの負担。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52635
posted by 藤森信吉 at 13:53| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

ロシア外務省、ヴォルカーを批判

 ロシア外務省
ヴォルカー・米ウクライナ問題特別代表を批判した。
--------
 ヴォルカー氏が、ロシア提案「国連ミッションがOSCE要員のドンバス境界線監視活動を警護する」を拒否していることに、モスクワは困惑している。ミンスク合意は、両人民共和国の代表もサインしており、キエフと同権である。しかし、ヴォルカー氏はアメリカやOSCE要員同様に、ウクライナにどっぷりつかり過ぎている。ヴォルカー氏はミンスク合意を事実上、破壊しており、「国連平和維持」による両人民共和国領の完全な占領を目指しており、ミンスク合意にある特別な権利や安全保障なしにドンバスをキエフ当局に移譲しようとしている。ヴォルカー氏は自らの越権で制裁強化も主張しており、2014年にアメリカが支援した違法なウクライナ・クーデターによって引き起こされた紛争の解決を明らかに怠っている。
posted by 藤森信吉 at 13:39| Comment(0) | ロシア外務省ウォッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

コンスタンチノーポリ、ウクライナをロシアから奪還

 こちらによると、コンスタンディヌーポリ全地総主教庁は、キエフ総主教を自らの管轄とする決定を下した。
 コンスタンチノーポリ総主教庁は聖務会院で、ウクライナの2つの非正典教会のトップであるフィラレート・ウクライナ正教会(キエフ主教座)総主教とマカリィ・ウクライナ独立正教会総主教を自らの階位に加える決定を下した。また、キエフ主教座をコンスタンディヌーポリ総主教庁の管轄下に置き、ウクライナ正教会に独立の地位を与えるプロセスを開始したことを宣言した。
 これを受け、ウクライナ正教キエフ主教座は、ウクライナ独立正教会とウクライナ正教モスクワ主教座に対し、合同協議会に加わることを求めた。モスクワ主教座は、地元教会を無視した一方的で正統性のない決定であるとして合同協議会への参加を拒否している。
 また、ペスコフ・ロシア大統領報道官は、正教会世界の分裂をもたらすとして懸念を表明したが、教会問題に介入はしない、と述べた。
----------
 これ、いいんですか、教会世界的に。
11月にトモスが出るとかで、ウクライナ大統領選挙に間に合いますな。

「あの地はモスクワのものではない、我々コンスタンチノーポリの土地だ」
posted by 藤森信吉 at 21:26| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナフトガス、ガスプロムに延滞利息の徴収を通知

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社はロシア・ガスプロム社に対し、前払いガス輸送料から債務を差し引く通告を行った。
 ナフトガス・ウクライナ社によると、2017年12月22日付ストックホルム裁定は、ガス価格フォーミュラの見直しを規定しており、このことは同時にガス輸送料の引き下げにつながっている。一方でガスプロム社はストックホルム裁定に従わず、2018年において、ストックホルム裁定に基づくナフトガス社設定の輸送料よりも高い料金で入金を続けている。そのため、8月に余分に支払われた900万ドルをガスプロム債務と相殺した、とナフトガス社は発表した。 
 2018年2月28日付ストックホルム裁定でガスプロム社はナフトガス社に対し25億6000万ドルの支払い義務を負ったが、ガスプロムは支払いを拒否しており、利息が1億ドルに達している。
-------
 ガスプロムの在外資産の差し押さえで回収するかと思ったのだが、まずは穏当なところから回収するようだ。ガスプロムが律儀にもw古いガス輸送料金体系で入金していたとは初耳。
posted by 藤森信吉 at 01:41| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

ユーシチェンコ、ミンスク会議ウクライナ代表に就任?

 こちらによると、辞任したクチマの後継代表としてユーシチェンコ元大統領が浮上している。
 ドンバス和平三者コンタクト会議のウクライナ代表ポストにユーシチェンコが浮上している。「ウクライナ大統領の中で最も反ロが強いユーシチェンコがミンスクでウクライナ代表団を率いることになれば、ロシアにとって問題となろう。通訳なしではロシア語を話そうとしないくらいだ。適任だ」と消息筋は述べた。
8日、ユーシチェンコはベラルーシでルカシェンコ大統領と会談し、「ウクライナのCIS脱退問題」について協議した、と伝えられている。これはルカシェンコが、非公式にユーシチェンコの代表就任に合意したと見ることができる。別の候補者としては、人道問題部会のウクライナ代表であるイリーナ・ヘラシチェンコ、ルスラン・デムチェンコ大統領顧問も挙げらている。クチマ前代表はデムチェンコが後継となることを示唆していたが、同時に「ポロシェンコ大統領に任命権がある」としていた。
--------
 格を除けば、あらゆる意味でユーシチェンコはウクライナ代表に向かないと思うのだが、合意など全く期待しておらず「やっている感」を出したいなら誰でもいいということに。いっそメドヴェドチュークでいいんじゃないの? 
posted by 藤森信吉 at 15:20| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

IMF、ウクライナの成長率を下方修正

  World Economic Outlook,によると、IMFは2019年のウクライナGDP成長率を3.3%から2.7%に引き下げた。
・GDP予測成長率
2018年 3.2%→3.5%
2019年 3.3%→2.7%
2020年4%→3.4%

・CPI(年平均)
2018年 10.9%
2019年 7.3%

・経常収支
2018年 -3.7%→-3.1%/GDP
2019年 -3.5%→-3.9%

・失業率
2018年 9.2%→9.4%
2019年 8.8%→9.2%
-----------
 ウクライナ国内経済に要因があるというよりは、世界経済景気のピークと貿易摩擦の影響かと(全部読んでいない)
posted by 藤森信吉 at 15:14| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

ウクライナ上9か月石油輸入統計

 こちらにウクライナの上9か月原油製品輸出入統計が掲載されているので簡単に紹介。
・輸入量571万5950トン(前年同期比1.5%増) 輸入額38億4497万5千ドル(同33.1%増
 内、輸入額の国別シェアはベラルーシ41.19%、ロシア36.45%、リトアニア9.78%、その他

・輸出量 31万1290トン(1億7853万3千ドル)
 輸出額の国別シェアは、ラトヴィア、リトアニア、ギリシャ
 
また、こちらにウクライナの上9か月原油輸入統計が掲載されているので簡単に紹介。
・輸入量56万9081トン(前年同期比マイナス25%) 輸入額3億1760万ドル(同マイナス0.4%)
 内、輸入額の国別シェアはアゼルバイジャン3億ドル、アルジェリア、イラン、その他
 原油輸出は記録されなかった。
--------------
石油製品の輸入量が増えれば、当然、原油輸入量は減る。石油製品におけるロシアのシェアがいつの間にか戻ってきたようだ。おかしい、ロシアは侵略国だったはずだか、お友達とかご本人が輸入に介在しているのだろうか。
 注目すべきはアゼルバイジャン原油がついにトップに躍り出たこと。現代の「万里の長城」か「戦艦大和」か、と言われたオデッサ・ブロディ・原油パイプラインがこんな形で役に立つとは(とはいえ、稼働率は1割以下)。
↓10年以上前に書いた拙稿
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjce2006/43/2/43_2_51/_pdf/-char/ja
posted by 藤森信吉 at 19:12| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

ウクライナ、歳入の4割が債務返済に消える

 ウクライナ会計検査院によると、2019年度は国家歳入の40%以上が債務償還に消えることになる。
 パツカン会計検査院長は「これに関連し、現行の社会経済支出が削減される可能性がある。すなわち、年金引き上げ、給与引き上げ、社会保障費の引き上げ、あるいは道路舗装、幼稚園、新しい校舎、病院、幼稚園建設等、インフラ発展全般の可能性が減じる
 また、来年は、地方自治体への13の補助金70億フリブナは支出されない、と述べた。これは、中学校の質的向上を狙う「新しいウクライナ学校」プロジェクトに支出される予定のものであった。
 また、住民向けガス価格は引き上げ予定であるが、2019年度は、これに対する補助金も削られる、と言明した。
----------
 国債償還費に予算が食われて(ついでに国防費も突出)社会保障費がカット…うーむ、これは対岸の火事ではないな。
それにしてもウクライナの校舎は本当に酷い。ソ連時代からほとんど変わっていないのでは。特に便所。
posted by 藤森信吉 at 21:53| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

ルガンスク人民共和国、給料引き上げ

 こちらによると、ルガンスク人民共和国は11月1日から、公務員給料を一律10%引き上げる。
 ルガンスク人民共和国閣僚会議は、共和国財政で賄われる国家機関および団体の労働者の給料を10%引き上げる決定を採択した。労働社会政策省は、引き上げは、共和国住民の生活水準の向上をもたらす、としている。2017年10月1日に、ルガンスク人民共和国は給料を5%引き上げている。
posted by 藤森信吉 at 12:35| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ・ジョージア・国外旅券なし渡航実現

 フロイスマン首相はfacebook上で、ジョージアとの間で、
相互査証廃止に関する協定に調印した。これにより、ウクライナ市民は非接触型の電子国内IDカードでジョージアに渡航することが可能となる。
 
posted by 藤森信吉 at 11:17| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

ウクライナ・ハンガリー間で外交官追放合戦

 ウクライナ外務省は、 駐ベレホヴェ・ハンガリー領事に対し、領事に沿わない行動に関連してペルソナ・ノン・グラータを宣告し、72時間以内にウクライナ領からの退去を命令した。また、ハンガリー系ウクライナ国民は両国間の統合要素である、とした。
 これに対抗し、ハンガリー外務・貿易相は、ウクライナ領事の国外退去を決定した。「ハンガリーは隣国ウクライナとの良好な関係の維持に関心があるが、この数か月、ウクライナは対立を深刻化させている。ベレホヴェ領事館内の盗撮は諜報機関によるものであり、外交ルールに違反している。教育法の採択後、ハンガリー少数民族に悪影響を与える言語法は、約束したにもかかわらず議論がなされなかった。言語法は、少数民族言語の権利を域内住民比率10%から33%に引き上げており、カルパチアの15万の反バリー人は母語の権利を失うことになる。さらにウクライナはハンガリー国境沿いに軍や警察部隊を配備しており、挑発と受け取られる。NATO加盟を欲する国がNATO加盟国の国境で軍事力を強化するのであれば、NATOに加盟などできないし、EU加盟を欲する国が二重国籍を攻撃するのであれば、EUに加盟などできない。ハンガリーはウクライナのNATO/EU加盟に対し、拒否権を行使する、と述べた。
posted by 藤森信吉 at 12:28| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

ロシアの人民共和国維持費は年13億ドル

チェルヌィシ・一時的占領地域および国内避難民問題担当相によると、ロシア連邦はドネツィク、ルハンシクの占領地域の維持に年13億ドル費やしている。
 大臣はテレビ局のインタビューにおいて、「両州占領地域における住民の生活水準の低下について触れ、仕事と収入に問題があり、炭鉱は週1もしくは週2である。占領地域には直接アクセスできないが、衛星写真と火力発電所の稼働のモニターから、使用されない石炭があり、発電量が減少していることが伺える」と述べた。また、「いくつかの炭鉱は操業を停止し、くみ上げポンプを止めているため、水が溜まっており、地下の汚染につながり、水質悪化の直接要因となる。また地盤沈下にもつながっている」と環境の悪化を指摘した。
 ロシア政府の占領地域の支配メカニズムについては、「ロシア政府の次官級の高官が関与しており、行政区画ではなく、単なるテリトリー1、テリトリー2と呼ばれている、ロシアは年間13億ドルを費やしていると試算できる。同時にロシアは両州で違法に採掘された石炭を輸出している」とも指摘した。

posted by 藤森信吉 at 22:01| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

クチマ、突如ミンスク会議ウクライナ代表から退く

 こちらによると、クチマ第二代ウクライナ大統領はミンスク三者コンタクト会議のウクライナ代表から退くことになった。
 クチマの報道官がfacebookに記したところによると、クチマは三者コンタクト会議の同僚たちと和平交渉の組織づくりを行ったベラルーシ側に謝辞を伝えた。クチマは、2014年7月8日に三者コンタクト会議ウクライナ代表に任命された。10月2日の三者コンタクト会議では、ウクライナ側はゴルロフカにおけるMON-50地雷による悲劇の調査を要求した。また人道問題部会は抑留者の解放に向けた協議を継続した。社会経済部会は携帯通信の回復問題とウクライナ鉄道公社の動力車の返還問題の作業を進めた。人民共和国における選挙については、ミンスク合意当事国であるロシアの義務に大いに違反している、と報道官は記した。
 マルティン・サイディクOSCE特別代表は、クチマの交代について、和平協議に影響はないと思いたい、と述べた。後任は誰か、という質問に対し、サイディク氏は「誰かが後任に収まるだろう。クチマにはいつもルスラン・ディムチェンコ氏が付き添っていたが、クチマは次の16日の会議に誰が代表としてくるのかについて何も語らなかった」と述べた。
-
posted by 藤森信吉 at 15:33| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沿ドニエストルの出稼ぎ送金額、前年比25%増

 こちらによると、8月の自然人の送金額は昨年同期比12.2%増となった。沿ドニエストルの銀行経由で800万ドル以上を送金した。上8か月で沿ドニエストルへの送金額は6000万ドルを超え、これは2017年同期比で25%以上の増加となった。
 8月の送金額の2/3以上はロシアからであり、次いでイスラエル(6.5%)、アメリカ(4.1%)と続く。イタリア、ドイツ、トルコ、ウクライナ、ポーランド、イギリス、キプロスも送金元として順位に名を連ねている。
----------
 モルドヴァの上8か月の送金額は前年同期比12%増なので、それ以上の増加。沿ドニエストル住民の出稼ぎ先がロシアに特化しているということか?
posted by 藤森信吉 at 14:08| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

クリミアの観光客、600万人超を達成! 

こちらによると、年始からのクリミアへの観光客が600万人を超えた。
アクショーノフ元首は、「クリミア観光省のデータによると、半島で600万人以上が休暇を過ごした。これは前年同期比で30%以上の増加である。この数字が限界とは思わない」とfacebook上で記した。ウクライナ側からの封鎖にも関わらず、ウクライナからの観光客は100万人以上、全体の16%に上った。これは2017年度比で17%増である。さらに残すところ3か月の間、クリミアには文化、スポーツ、ビジネス、新年祝い、クリスマス、修学旅行等のイベントが山盛りである、とアクショーノフ氏は強調した。
 クリミア観光客の記録は2016年の557万人であった。
posted by 藤森信吉 at 13:25| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

ガス料金値上げ、微延長

 こちらによると、ウクライナ閣僚会議は、住民向けおよび熱供給公社向けガス料金の特別値引きを10月18日まで延長した。
 首相報道官は、特別義務価格(PSO)は10月18日まで延長される、然るべき決定が28日に政府会議で採択された、と述べた。
2017年3月22日付閣僚会議決議は、特別義務価格は2018年4月1日まで、としていたが、5月末、7月末、8月末、9月末、と延長を重ねてきた。
ウクライナは、IMFに対し特別義務価格から市場価格への移行を約束していたが、2017年夏・秋に履行を拒否していた。今日、住民向けガス価格はIMFからの財政支援再開の要件となっている。
-------
ぼやぼやしているうちにガス輸入価格が高騰、選挙も近付き、ますます履行が困難に。中途半端な10月18日とはなんだろうか。暖房シーズン突入日?
posted by 藤森信吉 at 11:29| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドネツク人民共和国共産党、テロに遭う

 こちらによると、ドネツク人民共和国の共産党大会で爆発があった。
 これにより、ドネツク人民共和国元首選挙に立候補しているイーゴリ・ハキムジャノフは火傷を負った、意識はあり、生命の危険性はない、とリトヴィノフ共産党党首は述べた。リトヴィノフ党首によると、土曜日にドネツク人民共和国共産党大会が行われており、TNT換算100-150グラムの爆発があり、4名が入院した。ドネツク人民共和国政府は、ウクライナ側スパイが関与したものとして捜査を進めている。
--------
ドネツク人民共和国共産党は、人民共和国政府と色々と対立していて、議席を剥奪されたり、とハラスメントを受けていたからねえ。リトヴィノフ党首はインタビューしたことがあるが、なかなかの人物でした。

posted by 藤森信吉 at 11:16| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

モルドヴァの出稼ぎ送金額、前年比12%増

 こちらによると、2018年上8か月のモルドヴァへの送金額は8億5800万ドルで前年同期比12.4%増だった。
 モルドヴァ国立銀行のデータによると、2018年8月の送金額は1億1650万ドルで前年比4%マイナス、8546万ドルは国際送金システムで送金された。額の46.2%はユーロ(7.4ポイント増)およびドル(4.7ポイント減)、ルーブリは7.6%(マイナス2.7ポイント)で送金された。
 EUからの送金が29.2%、CIS諸国からが31%だった。国別では、ロシアがトップで2880万ドル(27.7%)、前年8月比8.3ポイント減だった。イスラエル、イタリア、アメリカ、ドイツ、英国、フランス、と続く。
 2017年度の送金総額は12億ドルで2016年比11.2%増だった。過去最高は2008年の16億6000万ドルだった。
ラベル:モルドヴァ
posted by 藤森信吉 at 13:57| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする