2020年07月11日

人民共和国の学生、ウクライナ大学に入学可に

 ウクライナ大統領は、ドンバス、クリミアの被占領地域の住民が共通テストなしにウクライナの高等教育機関に入学することが可能となる法案に署名した。
 大統領は、ウクライナ最高会議は3日に可決した「クリミア自治共和国・セヴァストーポリ市およびドネツィク・ルハンシク州の一時的占領地域の学生の入学に関する高等教育法改正法」に署名した。大統領は「我々は一時的占領地域の若者、才能ある人材のために戦いを続けている。ウクライナ側が支配領に移動し、ウクライナの教育機関、ウクライナの教育システムで勉強することを奨励することが不可欠である」と述べた。この法は、一時的占領地域から境界線を越えて高等教育機関で学ぶ権利を拡大するものであり、このカテゴリーに属する学生は、彼らが選択する入試もしくは外部独立評価テスト(ЗНО)の結果に基づいて入学を認められる。
----------
 ドンバス・ウクライナ人、クリミア・ウクライナ人を作ることが目的のようです。ドンバスはともかく、クリミア在住の学生がウクライナに留学するのは相当勇気がいる行動では。
posted by 藤森信吉 at 12:42| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月10日

ティモシェンコ、リヤシコと合体

 こちらによると、ティモシェンコ「祖国」党党首は、リヤシコを補選の統一候補とすることを宣言した。
 両名がチェルリホフ州を訪問した際、リヤシコ・ラディカル党党首が運転する自動車内で撮影されたビデオクリップ内で、ウクライナ最高会議補選(第208選挙区)では、祖国党は候補を立てず、リヤシコ候補を統一候補とする旨声明がなされた。



----------
 検索したところ、6月15日にティモシェンコがリヤシコ支持を発表していますな。しかしこの両名が並ぶ絵柄は強烈。
posted by 藤森信吉 at 23:02| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

ゼレンシキー「俺もフリブナレート引き下げに賛成」

 こちらによると、ゼレンシキー大統領は「昨今のフリブナ為替レートにより、ウクライナ企業は数百万を失い、倒産してしまった」と述べた。
 大統領はチェルニウツィ州において企業家と会談を行い「諸君らに全く同意する。昨今の為替レートにより、数百万を取りっぱぐれている。私の就任以来、この問題と格闘している。我々は国立銀行の独立性を支持しているが、予算前提が30フリブナ/ドルであればどのような暮らしになったのか考えてみてほしい」と述べた。大統領によると、全ての企業家は国立銀行総裁を取り巻く問題について完璧に理解しているという。
---------
国立銀行総裁は辞任に際しては「インフレ率を11%に、輸出ドライブをかけるためにフリブナレートを30フリブナ/ドルに切り下げろ」という政治的な圧力を受けたため、と説明していたが、大統領が本丸ということに。インフレ誘導、通貨安とかどこの後進国アベノミクスだよ
posted by 藤森信吉 at 15:00| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

ベラルーシ向けタンカー接岸

 こちらによると、ピヴデンヌィ港にベラルーシ向けタンカーが接岸した。
 ウクルトランスナフタ社は6月30日、ピヴデンヌィ石油港においてベラルーシ向けタンカーの原油積み出しを開始した。イギリスBNK社との契約で今年度5隻目のタンカーである。タンカーは8万5千トンのAzeri Lightを積んでおり、積み出し後、オデッサ・ブロディ・原油パイプラインおよびドゥルジバの一線を用いてベラルーシのモズィリ製油所へ向かう。BNK社とウクルトランスナフタ社との契約で、既に4隻のタンカーがピヴデンヌィに寄港しており、総輸送量は35万トンに達している。


posted by 藤森信吉 at 16:17| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

ゼレンシキー人気、さらに降下

 こちらによると、6月の世論調査でゼレンシキー大統領の支持率が不支持率を下回った。
・キエフ国際社会学研究所、6月20-23日、CATI(Computer Assisted Telephone Interviewing)による調査、ウクライナ全土2000人を対象。
・ゼレンシキー大統領の仕事ぶりを評価する 38%(5月 27%)、評価しない45%(同37%)
・閣僚会議の仕事ぶりを評価する23%(24%)、評価しない59%(61%)
・ウクライナ最高会議 評価する21%(22%)、評価しない62%(65%)
・コンディショナリティーを遂行してクレジットを受け取るために目下のIMFとの協力は非常に重要であるのか否か
 目下、IMFと協力して新しいクレジットを受け取る方が良い 24%(32%)、協力せずクレジットも受け取られない61%(46%)、回答困難16%(22%)
・食堂、カフェ、レストランのメニューは
ウクライナ全土でウクライナ語のみ25%、ウクライナ語表示の義務化、過半数の住民の希望でロシア語も追加的に27%
全土でウクライナ語およびロシア語表記40%、ロシア語の義務化、過半数の住民の希望でウクライナ語も追加的に1%





posted by 藤森信吉 at 12:12| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

国立銀行総裁、怒りの辞表提出

 こちらによるとスモリティ・ウクライナ国立銀行総裁は大統領に辞表を提出した。
 「長きにわたり、ウクライナ国立銀行はシステム的な政治的圧力を受けてきた。総裁として、国立銀行の効率的運営、他省庁との共同作業をすることが不可能である。この辞表を通じて、反国立銀行の試みに対する警告としたい」との声明が国立銀行HPに掲載されている。
 報道によりと、6月にコロモイシキーに近いドゥビンシキー議員(与党)が起案した国立銀行総裁の業務精査を求める法案を議会課税・関税委員会が本会議で採択するよう求めていた。
posted by 藤森信吉 at 13:24| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

ウクライナ、トルコ・ストリームを見事にバックアップ

 こちらによると、ウクライナのガス・輸送システムはトルコ・ストリームの改修期間中、輸送量50%増を達成した。
 ウクライナ・ガス輸送システムの南ルートは6月において、2650万m3を輸送、これは5月の50%増、4月の4倍となった。トルコ・ストリームが5月23-28日に改修を行ったことに関連したものであり、オルロフカ・計測ポイントにおいては20万m3/日から400万m3/日の増加を見た。ウクライナのガス輸送システムは、南ヨーロッパ諸国への間断なきガス輸送にとり重要であることを示した。ウクライナのガス輸送システムは、トルコ・ストリームやその他のウクライナ・迂回ルートと比してもフレキシブルである。
 2020年初以降、トルコ・ストリームの始動以降、ガスプロムはトルコ、バルカン諸国へのガス輸送にウクライナ・ルートを利用することを完全に停止したが、トルコ・ストリームへの依存は、改修や故障中に供給ストップとなるため南ヨーロッパ諸国にとって大きなリスクとなっている。


posted by 藤森信吉 at 14:21| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

貨物列車、クリミア橋を通過

 こちらによると、30日、クリミア半島とロシア本土間の貨物列車の運行が開始された。
 クリミア側からは共和国製品を積んだ貨物列車が、ロシア本土側からは燃料、穀物、肥料、建築資材を積んだ貨物列車がクリミア橋を通過した。アクショーノフ共和国首長は「クリミア橋の貨物列車の運行は共和国経済の発展に大いに貢献する。ロジスティック上、クリミアはロシアの他地域と同様になった」と述べた。ロシア連邦運輸省によると、クリミア橋の貨物輸送により、諸商品の輸送費は30%から50%引き下げられることになる。

posted by 藤森信吉 at 12:20| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

モルドヴァ、沿ドニエストルからの電力購入を継続

 こちらによると、2021年3月末までモルドヴァは沿ドニエストルの電力の購入を続ける。
 モルドヴァの電力自給率は1/4以下であり、2021年3月末まで不足分は沿ドニエストルのモルドヴァ地区発電所(MGERS)から購入することになる。供給源の入札で国営Energocom社が仲介として落札した。入札には3社が参加した。MGRESも参加したが、Energocomに譲る形で入札から降りた。7月1日以降の購入価格は48.65ドル/MWhで、現行価格49.90ドルより2.5%安い。
---------
沿ドニエストルからモルドァが電力を買い続けるようなら、沿ドニエストルの経済は安泰、ということ。しかし、財務が厳しいガスプロムはいつまでガス代払わない沿ドニエストルの面倒見るのだろうか。詳細は拙稿を参照
しかし日本でもおなじみの中抜き仲介企業がここにも。以前は沿ドニエストル側にも仲介企業が入っていたような・・・
posted by 藤森信吉 at 19:10| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

出入ポイント、再開

 こちらによると、人民共和国・ウクライナ間の出入管理ポイント(КПВВ)が22日に再開される。
 人民共和国省庁間対策本部の発表によると、エレノフカからの予約名簿に基づく出国が22日に再開され、25日からはウクライナ側からの入国(事前通告に基づく)が再開される。ウクライナへの出国は急を要する国民から許可される。対策本部は「急を要する正当な理由がない場合、渡航を控えるよう」呼び掛けている。
 ウクライナとドネツク人民共和国間には4つの出入管理ポイントがあり、3月にウクライナ側のコロナ蔓延を受けて閉鎖された。6月9日にウクライナはドネツク人民共和国の合意なしに再開を宣言した。人民共和国はこれを挑発行為とみていた。
posted by 藤森信吉 at 20:37| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

人民共和国、ロシア改憲投票参加ツアーを組織

 ルガンスク人民共和国インフラ・運輸省はロシア連邦改憲投票への参加ツアーを発表した。
 6月25日から7月1日まで、ロシア憲法改正を問う投票に参加するためのバスルートが組織された。ルガンスク人民共和国パスポートおよびロシア連邦国籍パスポートを持参する必要がある。また乗車の際はマスク着用が義務化されている。バスは.ルガンスク中央駅から出発し、同日中に戻る。ルートは4つあり、往復費用は350〜450ルーブリである。



--------
 ルガンスク中央駅、ソビエトの香りが漂ってくる建築ですな。1980年に完成とのこと。横の高層はホテル。
しかし往復700円か。割り当てられた投票所はどこも片田舎で投票以外にやることなさそうだし、日当込み10ドルくらい出さないと誰も行かないのでは。 
posted by 藤森信吉 at 12:08| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モルドヴァ代表、堂々行進す

こちらによるとモルドヴァ国軍部隊がモスクワにおける戦勝記念75周年パレードに参加した。
 式典に参加したドドン大統領は、モルドヴァ国軍部隊75名が参加できたことを非常に光栄に思う、内23名の祖父は大祖国戦争の従軍者であり、世代の直接的なつながりと、我々の先祖の偉業を記憶することになった、と記した。大統領は、パレード終了後、無名戦士の墓の永遠の火に花を手向けた。



------------
 毎年、パレードを見ていて思うのだが、往年のIt's a SONY を彷彿とさせるナレーター誰?
posted by 藤森信吉 at 10:36| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

ウクライナ世論、ソ連崩壊を肯定

 こちらによると、ウクライナ世論の過半数はソ連崩壊を残念に思っていない。
・キエフ国際社会学研究所による世論調査、5月24-31日、コンピューター抽出による電話インタビュー、ウクライナ全土2000人)
・ソ連の崩壊を残念に思うか
 残念に思う 33.5%、思わない50.1%、回答困難・回答なし16.4%
(levadaセンターの2020年2月のロシア世論調査、残念に思う 65%、思わない26%、9%) 
・ウクライナがソ連の一部であったことは、害より利益をもたらしたと思う
 利益の方が大きかった34.7%、害27.9%、どちらともいえない25.5%、わからない12.0%
--------
 Levadaセンターのロシア世論調査結果が参照されているが、但し書きがついているのが不穏。
posted by 藤森信吉 at 13:29| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

キシナウ・オデッサ便、再開

 こちらによると、22日からキシナウ発オデッサ行きのバス便が再開される。
 Garile Auto Moderne社によると、北バス基地発オデッサ行きバスルートが22日から再開される。また、モルドヴァ国民のウクライナ入国に際しては、医療保険に加入する必要かある。モルドヴァ外務・ヨーロッパ統合省は、モルドヴァ国民のウクライナ入国は可能だが、14日間の外出自粛が必要である、と発表していた。
 モルドヴァ国民の出国可能リストはこのへん。
-------
 5時間くらいかかるルート。個人的にはキシナウ→チラスポリ(半日観光)→オデッサをお勧めする。沿ドニエストル・ウクライナ国境にはモルドヴァ通関があって、モルドヴァ出国スタンプを押してくれるようだし。
 しかし、医療保険の件が良く分からないが、ウクライナ入国時の強制加入だろうか? 大昔、ウクライナ入国時に強制加入保健があったのだが、あっという間に制度破綻したような‥‥
posted by 藤森信吉 at 17:34| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

人民共和国もロシア改憲投票に参加

 こちらによると、ロシア国籍を保有する人民共和国住民は、ロシア改憲の全ロシア投票に参加することが可能である。
 ルガンスク人民共和国中央選挙管理委員会は「ルガンスク人民共和国住民でロシア国籍を有し投票日に満18歳に達している者は、ロシア連邦憲法改正を問う全ロシア投票に参加することができる。投票は自由かつ自発に基づくものであり、ロシア連邦領内で6月25日-7月1日まで、投票所の現地時間8時-20時行われる。投票に行くものは、ロシア国籍パスポートの所持と投票所宛て申請書が必要となる。詳細な情報は人民共和国中央選管に問い合わせること」と発表した。また、投票可能なロストフ州内投票所リストが公開された。
-----------
 この困難な時期に投票に行く人がどれだけいますか。ロシアへの忠誠度が問われるから、当局は動員をかけたいところですが。




posted by 藤森信吉 at 17:10| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

天然ガス輸入価格、100ドル/1000m3切る

 こちらによると、2020年5月のウクライナの天然ガス平均輸入価格は98.09ドル/1000m3だった。
 ウクライナ経済発展商業農業省によると、ウクライナ経済ウクライナ企業の平均輸入価格は98.09ドル(2631.68フリブナ)/1000m3だった。これは2020年4月の平均価格122.5ドルから20%マイナスであった。
posted by 藤森信吉 at 22:06| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

モルドヴァ、ブラハトニュークの引き渡しをアメリカに要求

モルドヴァ検事総長は、アメリカに対し、プラハトニューク前モルドヴァ民主党党首の引き渡しを求める親書を送った。
 引き渡しは「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」に基づくもので、モルドヴァは2005年10月16日に批准している。また、汚職対策検察庁もすでにプラハトニュークの在米資産に関連した犯罪を調査する委員会の設置を求める新書を送っている。
-----------
 フロリダに逃亡したところまでは確認されていますが、今、どこにいるのか。というか、ブラハトニュークの国籍は何なのだろうか?
posted by 藤森信吉 at 14:02| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

沿ドニエストル、非常事態宣言を解除

 こちらによると、沿ドニエストルにおける非常事態宣言は6月16日以降、解除された。
 大統領直属のオペレーション本部決定によるものであり、しかしながら共和国領の防疫体制は維持される。大統領は「我々の国内保健レベルから緊急事態を解除するに至ったが、しかし、隣国に対してはそうはいかない。モルドヴァでは毎日、200、300、400人の罹患者が記録されている。したがって、隣国が正常でない限り、国境の開放について言及するのは尚早である。ウクライナについても同様だ」と述べた。また、沿ドニエストルからの出国については、「モルドヴァ側へビジネスや葬儀で渡航することは禁止されない。オペレーション本部が各件について判断する、と指摘した。国境閉鎖前には、12時間でモルドヴァ側に1200人が渡航していたが、閉鎖後は200人に落ちている。すなわち、訪問、ショッピング、散策目的の渡航が1000人であったことを示している。これは蔓延時にはおこなってはならないことだ」と述べた。
--------
 6月15日時点で沿ドニエストルのコロナ罹患者は1100人、862人が回復、43人が死亡。モルドヴァ側は11879人、6794人、411人。人口比(1:8)からみると、それほど違いはない。
posted by 藤森信吉 at 16:13| Comment(0) | 沿ドニエストル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

Moody's、ウクライナを格上げ

 Moody's はウクライナ政府の長期格付けをCaa1からB3に格上げした。
 格上げの原動力は、IMFによる新たな財政援助プログラムでウクライナの対外脆弱性が低下したためである。B3はウクライナのマクロ経済安定と目下の政治経済情勢に対して政府債務が中レベルにとどまっていることの均衡であり、今後はさらなる改革の進行とコロナウィルス対策が求められる。
 また、Moody'sはウクライナが2013年12月に発効した30億ドルのユーロ債の優先無担保債Ca格付けを維持することも確認している。同債は全てロシア政府が購入しており、目下、ロシア政府は償還を求めてイギリスで係争中である。
--------
すっかり忘れてました、30億ドルの債権(通称ヤヌコヴィッチ債)。ある意味、時限爆弾では。
posted by 藤森信吉 at 20:32| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

「ウラジーミル大公」、ロシア海軍に就役

 こちらによると、ロシアの原潜「ウラジーミル大公」号が就役した。
6月12日の「ロシアの日」、セベロドビンスクのセベロマシにおいて、ボレイ型原子力潜水艦955A型「ウラジーミル大公」号の就役式が行われた。
 エブメノフ提督、モイセーエフ北海艦隊司令、工業通商省次官、副知事、市長らが出席した。「ウラジーミル大公」はボレイ級955Aの改良型で潜水艦第四世代にあたる。ブラヴァ大陸間横断ミサイルと魚雷射出型機雷を備える。

-----------
 中世キエフ国はウクライナでもロシアでもないので、どちらにも正統性がある訳ではなく、使った者勝ち。次のボレイ型原潜はКнязь Олегが就役するようです。
posted by 藤森信吉 at 16:07| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする