2019年07月21日

モルドヴァ、国籍取得プログラム停止か

 こちらによると、ドドン・モルドヴァ大統領は、国籍取得プログラムの停止を宣言した。
 これに対し、モルドヴァ国籍取得プログラムを管理しているHenley & Partners社は、申請済の34件については完全な履行過程が進行中であり、既に1800万ユーロがモルドヴァに投資済である、とした。そのうえで同プログラムの見直しについてモルドヴァ国の主権と国民の利益を最大化するようなプログラム改定・運営を目指す、とプレス・リリースで述べている。

----------
 私もモルドヴァ国籍欲しくなってきましたw
posted by 藤森信吉 at 13:28| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

ドドン、ロシア資本と関係

 こちらによると、ドドン大統領の弟がイーゴリ・チャイカ氏の会社の株主に名を連ねた。
 ドドン大統領の弟、アレクサンドル・ドドン氏は「アルフプレイ・デベロップメント社」の株式15%を所有していることが明らかになった。同社の主要株主は、ロシアの検事総長の息子でビジネスマンのイーゴリ・チャイカ氏である。イーゴリ・チャイカ氏はビジネス・ロシア連盟のモルドヴァ・沿ドニエストルにおけるビジネス大使でもある。イーゴリ・チャイカ氏によると、同社はロシア領の建設計画のみに傾注しており、モルドヴァにおける事業展開は計画していない。
-------
 長いこと探していたのですが、ようやくドドンとロシア資本との関係の糸が見つかりました。チャイカ氏は、ドドン妻の慈善基金に献金もしているとか。ウクライナで言うと、ユーシチェンコ大統領の兄がRosUkrEnergo系企業のトップだったという話と同じ。
posted by 藤森信吉 at 14:33| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月19日

ドドン、ロシアにガス価格引き下げをおねだり

 こちらによると、ドドン大統領はモスクワにおける会談で、モルドヴァ向け天然ガス価格の引き下げを公式に要請した。
 ドドン大統領はモスクワ訪問から帰国後、安全保障最高会議を開き「我々はガス価格を下げられるチャンスがある。モルドヴァにはユーラシア経済共同体のオブザーバー国である利点がある。正式な決定は、近い将来、プーチン大統領との会談の際に決定されるだろう」と述べた。
17日のモスクワ訪問では、ドドン大統領は、モルドヴァ・ガス社長職の候補者としてチェルバン氏をガスプロム側に推薦し「了解を得た。今日明日にも彼が公式に就任するだろう」とした。 また、会議内では、2020年1月1日以降のガス供給問題についても協議された。
--------
これは注目。ロシアは、モルドヴァ民主党を粉砕してドドンを強力に推しているところなので、ガス問題でも援護したいところ。
posted by 藤森信吉 at 14:43| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナは150位

 世界平和指数2019年版によると、ウクライナは世界150位だった。
 ウクライナは昨年、最も指数を改善させた国であり、国内紛争の犠牲者数が劇的に減少した。その一方で、国内紛争と隣国関係は最低ランクに留まり続けている。一方、政治的なテロ、住民の追放・拘束等で改善が見られたが、2019年選挙に伴う政治的不安定で帳消しにされている。ゼレンシキー陣営の勝利は国内統合と安定を改善する可能性がある。
---------
ロシア154位、モルドヴァ96位、ジョージア127位。
posted by 藤森信吉 at 14:29| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

沿ドニエストル、議員定数を大幅削減

 沿ドニエストル最高会議は、議員定数を現行の43から33とする決議を採択した。
 憲法改正を伴うもので、次の選挙から10名減で行われる。歳出が抑制されることが期待される。同様に地区ソビエトの定数削減も最適化されることが予想されている。現在、沿ドニエストルの全議員数は1155人であり、約260人がカットされることになる。次の統一選挙は2020年11月29日である。財政的に年12万4千ドルの節約となる。
--------
シェリフ=刷新党が支配しているので、議員数は何人でも同じ。
posted by 藤森信吉 at 23:06| Comment(0) | その他旧ソ連共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ国立銀行、成長率予測を上方修正

 こちらによると、ウクライナ国立銀行は、2019-21間の予測経済成長率を引き上げた。
 2019年の予測GDP成長率を2.5%から3%へ、2020年を2.9%から3.2%に上方修正した。内需の安定化と交易条件の良化と穀物収穫高の増加がゲインである。他方、2021年の予測は3.7%と据え置かれた。また、2019年のインフレ率6.3%、2020-21年のインフレ率5%も据え置かれた。
 また、GDP成長には固定資本投資の増加も貢献している。他方で世界経済活動の停滞、2020年以降のヨーロッパ向けガス輸送料の低下とロシアとの貿易戦争激化が、リスク要因として挙げられている。
posted by 藤森信吉 at 21:28| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

ハンガリー外相、ザカルパチア訪問

 こちらによると、シーヤールトー・ハンガリー外相がザカルパチアを訪問した。
 外相は「ハンガリー人コミュニティーとの会談であり、この訪問は当初から予定されていたもので諸外交機関との合意に基いている。ウクライナ選挙への干渉とか私が何かに違反しているとの批判は当たらない」と述べた。また外相は、ウクライナ政権が、ザカルパチア・ハンガリー人の母語による教育の権利を取り戻してくれるのであれば、ハンガリーはウクライナ・NATO協議に対する拒否権を撤回し、5000万ユーロの国境インフラ整備費に投資を行う、と述べた。また、数日前に、ハンガリー首相府長官が非公式にザカルパチアを訪問したことも明らかにした。ハンガリー外相がカナダにおいて「ポロシェンコ前大統領は反ハンガリー政策を採っていた」と発言したことに対し、7月4日にウクライナ外務省はハンガリー大使を本国に召還していた。

posted by 藤森信吉 at 14:26| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

ハンガリー首相、内政干渉を宣言

 こちらによると、オルバン・ハンガリー首相はザカルバチアのハンガリー人団体と会談し、ウクライナ最高会議選挙での投票参加を呼び掛けた。
 オルバン首相は、ザカルパチア・ハンガリー文化連盟総裁ブレゾビッチ氏とブタペストにおいて会談し、ウクライナ法におけるカルパチア・ハンガリー人コミュニティーの権利を守る必要性について確認した。また、オルバン首相は21日の議会選挙において、ハンガリーで働くカルパチア・ハンガリー人は故郷に戻り投票を行うべきだ、と述べた。
---------
オルバン政権は「ポロシェンコは反ハンガリー」と大批判していたが、今回の選挙ではどの政党に投票することを想定しているのだろうか。
もともとカルパチアは、メドヴェドチューク同志のシマだったはず。いや、正確に言うと、バロハ一族のシマ(この件は松里教授の論文に詳しい)。
posted by 藤森信吉 at 13:02| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

ナフトガス、社債を発行

 こちらによると、ナフトガス・ウクライナ社は10億ドル相当のユーロ債を発行した。
 6億ユーロ(5年、7.125%)と3億3500万ドル(3年、7.375%)で19日に同社に入金される。当初はユーロ建てのみだったが、ドル建て、3年の要望が投資家からあり、変更された。発行額は政府と合意した枠内の最大値かつ利率は最小値であった、と同社は強調している。社債には2.5倍の応募があった。社債は次の冬にむけたガス購入費に充てられる。
 
posted by 藤森信吉 at 16:21| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

減り続けるモルドヴァ人口

 こちらによると、モルドヴァの人口は過去5年間で20万人減少している。
 モルドヴァ統計局の数字によると、2019年1月1日時点でのモルドヴァの定住人口数は268万1735人で、2014年の国勢調査の修正結果の286万9226人から18万7千人減となった。前回の国勢調査結果の公表後、新たに、誰がいつどこへ最終的に出国したかのデータを反映させたことで修正数字が算出された。この数字には沿ドニエストル経由の出国者数は反映されていない。
 最新のデータは、1989年以来、モルドヴァの人口は100万人も減少していることを示している。また、出生率も低下しており、2014年には1000人あたり14.3人だったが、2018年には12.8に低下している。高齢化も進行しており、2018年は38.5歳で平均寿命は70.6歳だった。5年前はそれぞれ37.4歳、69.3歳だった。2019年1月1日時点で、60歳以上の人口が21%だった。これは2014年時点では18%だった。
 また、モルドヴァ独立以降の国勢調査には沿ドニエストルのデータは反映されていない。2004年に共同で国勢調査を行う計画があったが、最終的に決裂した。2015年に沿ドニエストルでは部分的な国勢調査が行われたが、データは公表されていない。モルドヴァにおける次の国勢調査は2023年を予定しているが変更される可能性もある。
posted by 藤森信吉 at 16:02| Comment(0) | モルドヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

野党生活党、ロシア首相と会談(三か月ぶり二度目)

 こちらによると、野党プラットフォーム・生活党の指導部はモスクワでメドヴェージェフ首相と会談した。
 野党プラットフォーム生活党の代表団、ボイコ、ラビノヴィッチ、メドヴェドチューク、コザーク氏はメドヴェージチェフ・ロシア首相および統一ロシア幹部(グリズロフ、ジューコフ・ドゥーマ第一副議長、ナヴェロフ・統一ロシア会派代表)と会談を行った。会談では、ウクライナ東部の和平問題、ガス契約、経済、人道問題、両党間の協力関係について話合われた。
 ボイコ氏は「我々はガス直接契約の用意に傾注している。そのおかげでガス価格は今日、リバース輸入しているものより25%安くなるだろう。公共料金は下がる。8月中に調印することも可能だ。またガス輸送契約についても協議した」と述べた。
 また、ボイコ氏は「経済制裁の解除についても、ウクライナ製品の対ロ市場開放について協議も行い、メドヴェージェフ首相が我々の提案を検討してくれた」とも述べた。メドヴェージェフ氏は「ドンバス紛争の和平に関する問題を協議した。三者コンタクトグループのロシア代表であるグルズロフ氏は我が党の提案を支持してくれた。何よりもキエフ・モスクワ間の総合的な対話が必要である」と強調した。 



----------
一介の野党指導部に対してロシア政府はフルメンバーで対応。このブログでも紹介したように、大統領選挙前にもメドヴェージェフ首相が対応しましたね。お気に入りには選挙前に必ず肩入れしてくれる分かりやすい国、ロシア。
posted by 藤森信吉 at 12:53| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

大統領、チェルノブイリ圏の開発に意欲

 こちらによると、ゼレンシキー大統領はチェルノブイリ圏の発展に関する大統領令に署名した。
 大統領令は、立ち入り禁止ゾーンを新ウクライナの成長地点へと変貌させるものであり、特に観光客誘致が強調されている。水路を含む観光の入口の改修及び新規設置、ビデオ撮影禁止等の無意味な禁止条項の撤廃が計画されている。また観光客から金を徴収していたり、スクラップを違法輸出したり、自然資源を違法に使用したりといった汚職の排除も目的に掲げられている。「チェルノブイリのネガティブなイメージを変える。人災の後に自然が回復したユニークな場所であり、本物の「ゴーストタウン」がある場所である。全世界の科学者、エコロジスト、歴史家、観光客にこの場所を見せたい。不必要な禁止条項がなければ汚職も生まれない」と大統領は述べた。
 また、EUやNATOのパートナーに対し、災害除去の訓練地としてチェルノブイリ圏を提供する計画があることも明かした。
 
posted by 藤森信吉 at 22:13| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

PA OSCE、他国領からのロシア軍撤退を求める

 OSCE議院アンサンブルは年次会議で宣言文を採択した
 文書内でモルドヴァに関する部分は次の通り。
・Reiteratingits strong support for a comprehensive, peaceful and sustainable settlement of the conflict in the Republicof Moldova, based on sovereignty and territorial integrity within its internationally recognized borders, underliningthe importance of the “5+2” format as the only mechanism to achieve comprehensive and sustainable settlement, welcomingthe progress made so far and urgingthe sides to fully implement the commitments and continue to pursue steps to improvethe lives of people,
・Further reiteratingthe need to have a complete withdrawal of the armed forces and ammunition stockpiles of the Russian Federation from the territory of the Republic of Moldova and to transform the current peacekeeping operation into an international civilian mission,

ウクライナに関する部分は
Calls forthe cessation of militaryhostilities in eastern Ukraine, the full withdrawal of heavy-calibre weaponry by both sides, an immediate end to the use of landmines and greater investment in demining efforts, the de-occupation of the Autonomous Republic of Crimea and the city of Sevastopol, the withdrawal of Russian military forces from Ukrainian territory, and a comprehensive settlement of the conflict based on full
4implementation of the Minsk Agreements, in particular the obligations under the Minsk Agreements which have not been fulfilled by the Russian Federation
---------
 これは堂々退場す案件
posted by 藤森信吉 at 15:53| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼレンシキー、大粛清

 こちらによると、7月9日だけで、70名の地区首長が解任された。
 ゼレンシキー大統領は、ヴィヌィツァ州、ヴォリン州、ドネツィク州、ドニプロペトロフシク州、ジトミル州、ザカルパッチャ州、キロボフラード州、リヴィウ州、キエフ州、ルガンシク州、オデッサ州、ポメタヴァ州、リヴネ州、スゥミ州、テルノピリ州、フメリニツィキー州、チェルカッスィ州の各地区行政首長を、大統領任期切れを理由に解任した。
posted by 藤森信吉 at 13:43| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

ゼレンシキー党、人気衰えず

 こちらによると、公僕党の支持率は41.6%だった。
・「社会モニタリング」センターおよびヤレメンコ名称ウクライナ社会学研究所の共同調査、6/28-7/4、1000人を対象。
・「リスト内の政党にうち、議会選挙ではどの政党に投票しますか」
公僕党41.6%、野党プラットフォーム生活党13.7%、ヨーロッパ連帯党8.5%、祖国党7.7%、ホロス党7.5%、国民ポジション党3.4%、野党連合党2.9%、シャリー党2.6%、力と清廉党2.5%、ラディカル党2.2% 以下略
・「選挙に行きますか」
絶対に行かない8.2%、たぶん行かない3.8%、たぶん行く30.8%、絶対に行く53.6%、回答困難3.5%
--------
 公僕党(大統領党)の人気は落ちないですな。全土で支持率トップであるのが強く、年齢別では若者から圧倒的支持率。野党生活党はメドヴェドチューク同志の奮闘のおかげか、支持率がジワジワと上がっているが、支持は東部・南部・ドンバス限定。本家野党連合党との分裂がなければ20%近くの支持率が稼げたのに… あ、サアカシビリ党の支持率は0.4%です。フロイスマン党(いつの間にできんだ?)の支持率は1.1%。
posted by 藤森信吉 at 13:52| Comment(0) | 世論調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

首相「年金引き上げは選挙後も実施」

 こちらによると、フロイスマン首相は、選挙後に年金引き上げが取り消されることはない、と言明した。
 ICTV局とのインタビューにおいて、フロイスマン首相は、7月1日から引きあげられた年金支給額について「2017年冬に導入された法的なノルマであり、一度だけの措置ではなく制度的なステップを踏んでいる。政治的なトレンドで撤回されるものではない」と述べた。7月1日から、勤続30年以上の女性および勤続35年以上の男性で給与額が少なかった者は年金給付額が引き上げられた。また、チェルノブイリ原発除染に関わった軍人3万3千人への給付額が2000-5000フリブナ引き上げられ、3800-5500フリブナが5800-10500フリブナとなった。また、対テロ作戦、合同軍作戦の負傷者43000人への給付額も3500~4400フリブナから5600~10100フリブナに引き上げられた。
---------
 年金支給の引き上げは働き者の貧乏人と軍人さんが優先される訳か。
posted by 藤森信吉 at 13:43| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

人民共和国で社会主義リアリズム復興

 こちらによると、ルガンスク人民共和国政府はゴーリキ彫刻家公園に「オールを持つ女性」像を復活させている。
 9月14日の「ルガンスク市の日」に合わせたもので、現在、作業が進行中である。
------------
 wikipediaによると社会主義リアリズムを代表する彫刻、だそうです。
posted by 藤森信吉 at 13:08| Comment(0) | 人民共和国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウクライナ史上初! アメリカから原油輸入

こちらによると、オデッサ港にアメリカ原油を積んだタンカーが入港した。
 香港船籍のタンカーWisdom Venture号はアメリカから7.5万トンの原油を積んでオデッサ港に入港した。原油はクレメンチュク製油所に送られる計画である。「次のタンカーはバッケン原油を積んでオデッサに8月に入港する」とオデッサ港の広報は述べている。4月にロシア政府が制裁の報復としてウクライナへの原油供給を完全に禁止し、6月1日からは原油製品の供給も禁止リスト入りした。
--------
 クレメンチュク製油所の所有者はタットネフチでしたっけ。しかし今や、タンカーの現在位置はモニターできるのですな。アメリカのテキサスを6/11に出港し、7/6にオデッサ入港。
posted by 藤森信吉 at 11:44| Comment(0) | エネルギー問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

フリブナ為替レート、1ドル=25フリブナ台に突入

 こちらによると、ウクライナ国立銀行は、1ドル=25.8708フリブナに設定した。
 これは2017年9-10月のレートを上回るものである。フリブナ高は、一時的なものであるが、25.5フリブナに達する見方も出ている。銀行家によると、フリブナ高の主因は、非居住者がウクライナ国内債を購入するために大規模なドル売りをしたこと、そして輸出業者が収穫期を前にドル売りに出たためである。将来的には、ウクライナの貿易赤字と国債償還のピークがフリブナ安の根本的な要因となる。
posted by 藤森信吉 at 15:58| Comment(0) | ウクライナ論評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

クリミア、上半期の観光客数は11%増

 こちらによると、クリミアを訪問した観光客は220万人で前年同期比11%増だった。
 アクショーノフ元首によると、内20万人強がウクライナ側からの観光客であった。また、57%がクリミア橋経由でクリミアを訪問した。今年度、既に76万台の車両(内1万2600台のバス)がクリミア半島に入ってきている。
posted by 藤森信吉 at 15:33| Comment(0) | クリミア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする